漂流ネットカフェ

あらすじ

ふと入ったネットカフェで初恋の人と運命的再会をした土岐耕一(妻帯者)29歳。「このまま夜が明けなければいいのに!」と、再会を喜ぶふたりだったが…突然、ネカフェの外の街が消えてしまった…。ふたりの他には、オタクや暴力男、生意気な小僧やギャルにサラリーマンなど、日常では接点が無い人々を巻き込んで繰り広げられる、突発的空間断絶ラブストーリーが始まる!!

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    第1話 遠野果穂 1
    無料
  3. 002話
    第1話 遠野果穂 2
    30pt
  4. 003話
    第1話 遠野果穂 3
    30pt
  5. 004話
    第2話 長い夜 1
    30pt
  6. 005話
    第2話 長い夜 2
    30pt
  7. 006話
    第3話 雨は降り続く 1
    30pt
  8. 007話
    第3話 雨は降り続く 2
    30pt
  9. 008話
    第4話 ネカフェの外へ 1
    30pt
  10. 009話
    第4話 ネカフェの外へ 2
    30pt
  11. 010話
    第5話 最初の混乱 1
    30pt
/126話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by K-08

    6人の方が「参考になった」と投票しています。

    極限状態

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ネカフェごと漂流…人間極限状態になると、こんな風になるのかな?特に男子の性欲がすごくて、その描写は漫画と言えどちょっと気分悪くなる感じでした。
    亀田さんや蛭田さんや、何人かまともな人がいることに救われます。面白くて一気に読んでしまいました。
    あの頃ああしていればどうなったかな…って思うことは誰しも少なからずあると思うので、これを読んで私も思わず過去を振り返りました。この作者さんの他の作品も読んでみたいです。

  2. 評価:3.000 3.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    毎日を

    ネタバレありのレビューです。表示する

    このつまらない、繰り返しばかりの日常を変えたい。新しい世界を生きてみたい。
    思った事の無い人間は居ないと思います。でもいざそうなった時、きっと人々は当たり前の毎日をただ思い出し、感謝し、それに気づけなかった自分に嫌悪するのでしょう。
    まさしくそんな退屈な日々を過ごしている読者様におススメの作品です。
    読後感はまぁ、人それぞれ。
    私はとりあえず、平凡な幸福を噛み締めたいと思います。

  3. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白いけど

    ネタバレありのレビューです。表示する

    レビューも高いし、面白そうだとは思うんだけど…入りが男性共感目線なので(結婚して子供が産まれるのに何だか実感なくてこのまま俺の人生終わるのかなぁ…他の女とえっちも出来ず…みたいな)、女性としては無理。
    ただ初恋をものすごく良いものとして覚えていたり、あの頃にこうしていれば違ったのかも、は誰しも思うのでそこに引っかかれば続きを読もうと思うかも。

    個人的には続きを読もうとは思わなかったかな。
    面白いと評判はいいので気が向いてポイントがあるときにでも。

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白かったんだけど、

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最終話ですれ違った人は遠野だったの?
    遠野は結局あの世界には来てなかったの?
    嫁はトキが居なかったことに気付いてるの?
    死んだ後、元いた場所と時間に戻れてるのか、現実世界の人達からしたらタイムラグがあったのかも気になる。
    惹き込まれて最後まで読んだけど、色々と疑問が残る作品でした。
    いや…それが狙いなのか……うーん……。

  5. 評価:5.000 5.0
    by roka

    8人の方が「参考になった」と投票しています。

    妄想と、帰る場所

    ネタバレありのレビューです。表示する

    現代版「漂流教室」。
    ただ、結末は決定的に違う。
    このラストが、とても押見修造らしいと思った。
    「惡の華」もそうだが、この作者は、すこぶる妄想に走りつつも、最後には日常に帰ることを受け入れるというか、日常というありふれた退屈を生き抜くことの価値や美しさを描いているように感じた。

    私たちは、想像する。
    人間は想像する生き物だという。
    その度が過ぎると、「妄想」になる。
    想像力は高く評価されることもあるが、妄想にあまりその機会はない。
    妄想は、嘲笑や、軽蔑や、危険視の対象にすらなり得る。
    でも、なぜだろう。
    私たちが妄想するのは、なぜだろう。

    この漫画を読んで、妄想は日常から逃れるためのものであると同時に、日常を生き延びるためのものでもあるのかな、と思った。
    そんなことを感じたのは初めてで、私はこの漫画を忘れないだろうと思った。

すべてのレビューを見る(635件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>

漂流ネットカフェに関する記事