彼岸島 最後の47日間 - 松本光司 | 青年漫画

彼岸島 最後の47日間

ヒガンジマサイゴノ47ニチカン

あらすじ

人間と吸血鬼の最終戦争が始まった! 日本が吸血鬼の島と化すまで、残された時間は47日間。それまでに雅(みやび)率いる吸血鬼軍を殲滅しなければならない。そんな矢先、島に新たな漂流者、亮介(りょうすけ)と和美(かずみ)がやって来た。何も知らない新参者が大問題を起こす!! ——最終章、開幕!! 『彼岸島』待望の新シリーズ第1巻!! 人間と吸血鬼、その存亡をかけた最後の戦いが始まる!

この作品のシリーズ一覧(4件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
(無料配信中の話はどなたでも読むことができます)
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/337話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

彼岸島 最後の47日間 のスタッフレビュー

おーじ

日本が吸血鬼に支配される!? 人間と吸血鬼の戦争が勃発!

スリル満点のグロテスク・サバイバルホラー

ガールフレンドと友人の3人でクルージングを楽しんでいた石田亮介は、謎の巨大生物に船を襲われ、見知らぬ島に漂着してしまいます。無人の民家に電話を発見し、はぐれてしまった仲間たちのことも含めて島の警察に救助を要請。家の様子がおかしいことが気がかりながらも一安心します。でも、それも束の間、変わり果てた姿となった友人を発見 。満身創痍の彼の悲痛な叫びから、この島が人間を喰らう吸血鬼たちに支配されていることを知ります。そして、亮介にも吸血鬼の魔の手が迫ることに…!

バトルだけじゃない! 熱い人間ドラマも注目

吸血鬼軍団との死闘を描いた人気コミック『彼岸島』(松本光司/講談社) の続編である本作。前作の主人公である明が、亮介たちとともに吸血鬼の首領・雅の日本壊滅計画を阻止すべく奮闘します。吸血鬼ウィルスを持った蚊が日本全土に撒き散らされるまでのタイムリミットである47日間に、人間たちは勝利できるのか!? 意外な方法でピンチを切り抜けたりと、先の読めない命懸けのバトルの連続に、あなたも胸が熱くなること必至です。

バトルだけではなく、ともに展開される人間ドラマも必見。吸血鬼の一味である強敵・斧神との間に、信念をぶつけあった戦いを通して友情が生まれるシーンは、心に響いてくるものがあります。是非ご一読を!

2017/01/17 13:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:2.000 2.0
    by 匿名希望

    16人の方が「参考になった」と投票しています。

    コレ要らなくない?

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    最後にガッカリでした

    前作から読んでいて、最後がどうなるのかとても気になっていました。
    でも、実際読んでガッカリ。引っ張った割には残念な最後でした。
    何となくですが、もう考えるのが面倒になってしまったのかな?という印象でした。

  3. 評価:1.000 1.0

    11人の方が「参考になった」と投票しています。

    47日とはなんだったのか

    ネタバレありのレビューです。表示する

  4. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    結構グロい

    吸血鬼は人間とそんなに見た目が変わらないけど、鬼と呼ばれる者は、正直気持ち悪いくらいグロかったりする・・。話はまぁまぁ面白いが、ところどころに素人臭さを感じる演出が・・。

  5. 評価:2.000 2.0
    by 匿名希望

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    えー…

    ネタバレありのレビューです。表示する

すべてのレビューを見る(118件)

最近チェックした作品

Loading

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集