彼岸島

あらすじ

吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)——。踏み入れたら最期、再び生きて還ることはない……。大学に合格したばかりの宮本明(みやもと・あきら)の兄は、2年前に行方不明となっていた。実は彼は彼岸島へ連れ去られ、現在一人身を隠し生活していたのだ。そんなある日、明の前に現れた謎の美女。彼女は行方不明の兄の免許証を持っていた。それは恐るべき島への誘い。そして……忌まわしき悪夢の幕が上がる——。戦慄の吸血鬼サバイバルホラー!!

この作品のシリーズ一覧(4件)

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/343話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

彼岸島 のスタッフレビュー

おーじ

人間V.S.吸血鬼!踏み入れたら最後の“彼岸島”で生き延びてみせよ!

日常が少しずつ変化していく音。彼らは一体どこへ消えたのか?

最近、全国各地で断続的に失踪事件が発生している。しかし月に2、3件のペースで、大体1人から3人組という単位なので、さほど問題視はされていませんでした。

主人公・明の兄も、行方不明者のうちの一人。出来のいい兄と比べられて育ってきた明は、ずっと好きだった女の子・ユキも幼馴染のケンちゃんにとられ、虚しい妄想にとりつかれます。

そんな中、謎の女が明の前に現れます。彼女のミステリアスな雰囲気に憑りつかれ。関係を持つようになる明。しかしある日、兄の免許証を差し出して見せられます。無関心を決め込んでいた事件でしたが、自ら関わっていくことに…。

度々いなくなる行方不明者たちは、どこに行っているのか?そしてそれらに兄は関係あるのか?どんどん明らかにされていく謎に、読む手が止まりません!

閉ざされた島「彼岸島」。そこに住むのは…吸血鬼!?

吸血鬼が住むとされている「彼岸島」。突然行方知れずになった兄は、そこに連れ去られた人物のうちの一人でした。身を隠してなんとか生き延びていたのです。

人間以上の身体能力を持ち、なかなか死ぬことのない吸血鬼が怖すぎる!でも、さまざまな武器を使ったり知恵を絞ったりして倒していく様子はとても面白いです。対吸血鬼の際に、意外に大活躍するのが丸太。頭を完全に潰さないと死なない吸血鬼にとって、ナイフなどの小さな武器よりも、手に入りやすいかつ殺傷能力の高い丸太はとても強力な武器になるんです。とは言っても、丸太の重量を考えると女子や非力な男性には不向きですよね。そんな彼らがどうやって吸血鬼に立ち向かっていくのか…それは本編で見届けてください!

2016/08/29 10:00

ユーザーレビュー

  1. 評価:4.000 4.0
    by YUNA9

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    ツッコミ所満載

    30話無料だったので、暇潰しのつもりで読んだらハマりました。。
    続きも読んでるのですが、話がなかなか進まないのでイライラするところもあります。
    途中から課金も嫌になって、気になるタイトルのとこだけ読んでみて、残りは翌月ポイントが増えてから読む。という感じで見てます。

    ほんと、設定どーなってんの!?と思うところも多々あるし、明が強すぎたり、無茶苦茶なんですけど、

    けど、泣けるところも、笑えるところもあり、面白いです。

  2. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    35人の方が「参考になった」と投票しています。

    騙された!!

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ストーリー設定は面白い。人物、特に顔はかなり下手だが背景は細部まで描き込まれ、デッサン力はあると思う。話がなかなか進まず同じ台詞の繰り返しでまどろっこしいし(ほんの2〜3分の出来事に数話使われるなんてザラ)、前話の終わりと今話の始まり、今話の終わりが次話の始まりと被っていて、それぞれ二回ずつ読まされるので尚更進みが遅く頁の無駄遣いに感じる。それでも、どう決着をつけるのか気になって最後まで読み切ると、主人公と吸血鬼のボスは話にならない程の力の差で、しかも『終わらない』。最後の47日間編へと続き、それがまた長い。これだけ長い話を、結末が気になるが為に苛々しつつも読み進めたのに終わらないって、詐欺じゃん。作品解説に明記するべきでは?回収されない多数の伏線、コロコロ変わる主人公の一人称、ストーリーの各種設定(Aと云う設定だった筈なのに、途中で恰かも最初からBだったかの様に変わっている。それもいつの間にかCになったかと思ったらCなんて無かった事になってて…)、室内で座って味方と話している時ですら常にハアハアハアハア。続編はそれなりに面白かったが此方は期待外れだった。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    私はドハマリしてます。

    読めば読むほど彼岸島の世界観に引き込まれます。
    辻褄がピシッと合わないと納得行かないという人には不向きな漫画ですが、「うっそー、こんなのアリ?!」って展開をギャグとして受け入れると言う別の楽しみ方もできます(笑)
    ただ、長い!全部購入するにはいくらかかるの~と金銭的に苦しくなります(涙)
    でも丸太神拳が面白すぎて読んでしまいます。

  4. 評価:5.000 5.0

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    丸太物語

    最初はハラハラ真剣に読んでましたが、いつしか突っ込みどころ満載(笑)もうハァハァうるさいのは普通!でかした!が出る度に爆笑(笑)明があんなにボロボロなのに未だに感染しないのがすごすぎ。真剣なギャグマンガだと思っていただきたい!

  5. 評価:1.000 1.0
    by 玉藻

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    着目点は良いと思うけど

    表現としてハアハア煩いかな…。気持ちは分かるけど。絵柄に着いて来られない場合も有るかな~!?古い感じ。もっと効率的に話が進み、理由付けとしてベースが薄いけれども、まあ今のサイコベースの流行りの原点だからか、ちょっと贔屓してあげたいけれど評価は高くないのです。

すべてのレビューを見る(295件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

他にもこちらがおすすめです

    Loading

おすすめ特集

彼岸島に関する記事