悪女(わる) - 深見じゅん | 女性漫画

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:悪女(わる)の詳細

悪女(わる)

悪女(わる)

ワル

作者
深見じゅん
雑誌
BE・LOVE
ジャンル
女性漫画
タグ
メディア化

悪女(わる)のあらすじ

落ちこぼれOLの田中麻理鈴(まりりん)は、近江物産のロビーで出会った男性に一目惚れ。名前も所属もわからない彼のことを知るために、出世して人事課長になることを決意するが…。オフィスという名の魔窟(ダンジヨン)でサバイバルしながらの王子さま(プリンス)探し。石田ひかりと倍賞美津子のコンビでTVドラマ化もされた、深見じゅんの笑いと感動のコミック。さあ、麻理鈴の冒険の始まり!

悪女(わる)のレビュー

  1. 評価:3.000 3.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    おもしろかった!

    ネタバレありのレビューです。表示する

  2. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    心のビタミン剤みたいだったな、まりりん!

    長いですが読み終わった時、いろんな想いが巡り一途に頑張るっていいなと思えました。
    まりりんと周りの人々との交流の様子から心のビタミン剤のように…元気と勇気とへこたれないガッツと愛っていいなと思う気持ちをもらってこちらも笑顔になれました。
    少しずつでも読んでもらいたいです。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    とにかく読むべし

    すべての働く女性に読んで欲しいです。今は主婦ですが、一人で一生懸命ボロボロになって働いていた時の自分を思い出して胸がキュッとなりました。とにかく元気をもらえる素敵な作品です。

  4. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    良い作品

    こういうのも電子で読めてしまうのは嬉しいですね。かるーく読める物も多いですが、しっかり読めて、思うところがあるくらいがよいです。

  5. 評価:4.000 4.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    深見じゅんさんが懐かしくて購入しました。主人公が明るく前向きで困難を乗り越えていくストーリーです。意地悪、悪意もあるけれど主人公が明るいので暗くならずに読めます。

  6. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    私は大好きな作品です!
    最初読んでからハマって、最初の月のポイントをすべて使ってしまいました。
    ストーリーが変わるにつれてヒロインの成長も感じられるところも◎です!

  7. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    私には無理

    とにかく主人公がポジティブ&パワフル&ちょっと天然?で話が進んでいく一種の変わったサクセスストーリーなんですが、感想を一言で述べるなら、へこまないな~に尽きると思います。実際に居たら好かれるんだろうなと思うけどこんな娘いるのかな?

  8. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    懐かしくて…

    数十年前、学生時代に深見じゅんさんの作品に出会いました。懐かしくて、毎月、少しずつ購入して読んでいます。読んでいると気持ちが前向きになります。
    恥ずかしくない!いろいろ、もがいて、悩んで小さな失敗を繰り返して…
    それから、前に進む事が出来るんだ!…を、思い出させてくれる作品です。

  9. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    まりりん!

    ネタバレありのレビューです。表示する

  10. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    元気をもらえる作品

    本当に元気と勇気を貰える作品でした。
    時代背景が今より数十年昔ですが、こうやって先輩達が努力をしてきてくれたから、今の女性の地位があるんだということを改めて感じましたし、私達が努力することで、これから先また数十年後にもっと住みよい、働きやすい社会になっていけるかもしれないと、勇気をもらえました。
    色々文句を言う暇があったら前向きに人生に取り組んでいかなきゃな、そうしたいな、と心から思えます。
    まりりんのようになりたいです。
    作者の深見さんに感謝です!
    素敵な作品でした。

  11. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    マリリンになりたい、、!

    絵が受けつけないというか(笑)
    好きじゃなかったんですが
    いざ読んでみたら止まりませんでした!
    あまりに面白くて、数日で一気に読んでしまった。
    最後の数話は読み終わってしまうのが惜しくて
    ゆっくり読んだ程、、
    お話がすごく良く出来てますし
    とても勉強になりました。
    何回も通して読みたいです。
    途中までは、私もこんな風に
    導かれたいなとしみじみ思うんですが
    さらに読み進めていくと
    マリリンの元気や働く姿勢が移ってきて
    自分に元気が溢れてきます。

  12. 評価:5.000 5.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    ★★★★★

    絵、あまり好みじゃありません。
    主人公、残念ながら美人じゃありません。
    でも、魅力とパワーに溢れる作品です!
    前向きでいよう! 前向きでいたい! 辛い時こそ笑顔でいよう!! そうすれば絶対幸せでいられる!
    そんな勇気とパワーを貰える作品です。
    美人ではないけれど前向きで明るい主人公が、不器用ながらも努力して、たくさんの人に助けられながら自分の力で恋も仕事もステップアップというサクセスストーリー。
    彼女を見ていると世の中悪い人も悪い事もないんじゃないかという気がしてきて、自分もこんな風に考えて生きていきたいと、人生の参考書になりました。
    乗り物の中で読むのは要注意です。声を立てて笑ってしまうような事が度々ありますから。

  13. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    続編出ないかな

    働く女性のサクセスストーリー。恋を原動力にしながら、少しずつスキルアップしていき、諦めない姿勢で仲間を増やしてく。
    ゲーム仕立てになってる表紙を想像してくのも楽しい。
    現代の働く女性とも通じる作品。もし続編があれば読みたい。

  14. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    なつかしい

    大好きな作品で当時全巻持っていました。引っ越しの際に手放しましたが、こちらでタイトルを見つけた瞬間懐かしさがこみ上げ、夢中になって読みました。また頑張ろう!と思わせてくれる作品です。

すべてのレビューを見る(14件)

悪女(わる)のあらすじ

1話~6話
落ちこぼれOLの田中麻理鈴(まりりん)は、近江物産のロビーで出会った男性に一目惚れ。名前も所属もわからない彼のことを知るために、出世して人事課長になることを決意するが…。オフィスという名の魔窟(ダンジヨン)でサバイバルしながらの王子さま(プリンス)探し。石田ひかりと倍賞美津子のコンビでTVドラマ化もされた、深見じゅんの笑いと感動のコミック。さあ、麻理鈴の冒険の始まり!
7話~12話
近江物産のロビーで一目惚れした男性に出会うため、今日も出世目指して精進するダメOLの麻理鈴(まりりん)。先輩・峰岸さんのアドバイスに従ってがんばった麻理鈴は、資材管理室から秘書課に異動する。 「近江物産150年史」と「OLの心得200条」、そしてくわえタバコを武器にオフィスという戦場をサバイバルする麻理鈴。上司のイジメとともに、麻理鈴の恋心もヒートアップ!?
13話~19話
資材管理室からOLの園、秘書課に異動した麻理鈴(まりりん)だが、重要書類を紛失したり、苦手なコンピュータに悩まされたり、そして信頼できる唯一の先輩、峰岸さんが何も告げることなくナゾの退職をしたり、などなど、問題は山積み。さらには「ミス総務」こと佐々木チエとエリートの石井さんとの望んでいない三角関係に巻き込まれ…。
20話~26話
落ちこぼれOL、麻理鈴(まりりん)が活躍する出世ゲーム型恋愛至上主義コミック。出世するため、そして一目ぼれしたT・Oさんにめぐり逢うため、商社でのキビしいオフィス・ライフを生き抜く麻理鈴。そんな麻理鈴の無敵アイテム「T・Oさんの写真」が消えてしまった!仕事のモチベーションをすっかり削がれてしまった麻理鈴に、上司のイジメは耐えられるのか?そしてT・Oさんとの恋の展開はどーなる?
27話~33話
大好きなT・Oさんを捜していた麻理鈴(まりりん)は、ヘンテコなものにぶつかった。それは、なぞの暗号『C』!!これさえ解読できれば、T・Oさんが見つかるのか!?一目ぼれしたT・Oさんに会うだけのために、OLさんたちのイジメに耐えながらも出世街道を悪戦苦闘する麻理鈴。部署をたらい回しされながらも持ち前の元気で何とかがんばる麻理鈴も、いよいよT・Oさんに接近遭遇か?走れ!麻理鈴(まりりん)!の第5巻。
34話~40話
秘密プロジェクト『C』のメンバーとして庶務課から外勤となった麻理鈴(まりりん)。「新聞社がエリートリストを持っている」と聞いた麻理鈴は、憧れのT・Oさんの手がかりを掴むため、早速、同僚の梨田、そして彼女の知人・大和を頼るが、麻理鈴を嫌うプロジェクトCのリーダー・小野は、当然、そんな麻理鈴の態度を快く思っていなかった…。
41話~46話
秘密プロジェクト『C』を終え、古巣の庶務課に舞い戻った麻理鈴(まりりん)。プロジェクトにいる間に手に入れたものの、チームリーダー・小野によって没収されたT・Oさんの資料は戻ってくるのか!?一方、庶務課では、新スタッフ、木村美佐子が配属に。美人で聡明、さらに周囲に親切な彼女だが、裏では麻理鈴(まりりん)に激しい闘争心を燃やすのだった。
47話~52話
とうとう、愛しのT・Oさんの居場所をつきとめた麻理鈴(まりりん)は、T・Oさんこと田村収さんに会うため、会社をサボってはるばる筑波の研究所へ!一方、営業から庶務課に配属されてきた出世欲の強い新スタッフ、木村美佐子は、上司に一目置かれている麻理鈴に敵対心を抱き、麻理鈴、そして麻理鈴のよきアドバイザーである峰岸に故意的に近づいていく…。
53話~58話
一目ぼれの相手T・Oさんを見つけ出し、仕事への意欲がより一層高まった麻理鈴(まりりん)。だが、峰岸はそんな麻理鈴に冷たく、麻理鈴に敵意を燃やす有能な美人OL木村美佐子に接近していく。峰岸に捨てられたくないばかりに、必死にすがる麻理鈴。それを見た峰岸は、麻理鈴と木村にある宿題をつきつけるが――その宿題の答えは、夜の銀座に隠されていた!?
59話~64話
夜の銀座を舞台とした麻理鈴(まりりん)と木村美佐子の闘い。それは、銀座のクラブ『璃羅』の貸し金庫の番号を聞きだすことだった。この勝負を乗り切った麻理鈴は、新プロジェクト『レディースシンクタンク』のチーフスタッフに!「エラくなった!」と喜ぶ麻理鈴だったが、それを見た木村の動向は…。そしてクラブ『璃羅』のママから貰ったナゾの鍵の正体は?
65話~70話
『レディースシンクタンク』とは、近江物産が新しく設立する人材派遣会社のことだった。この新プロジェクトのチーフスタッフとして、情報通信部システム企画課に配属になった麻理鈴(まりりん)。好感度ナンバー1の山瀬君という部下もつき、「ちょっと出世した!」とノーテンキに喜ぶ麻理鈴だったが、その前途は多難きわまりないものだった…。
71話~76話
システム企画課に移動したものの、お局様や周囲のOLからもイビられ、孤立していく麻理鈴(まりりん)。しかも、「女は無能」と決めつける“課長さま”からは、仕事の失敗の罰に、企画提供という宿題をもらってしまった!T・Oさんに会いたいだけのために新プロジェクトのチーフスタッフにまで出世したはいいが、難題続出の麻理鈴。大ピンチながらも、ここが勝負の第12巻!
77話~82話
麻理鈴が所属するシステム企画課に、海外事業部から板倉という手ごわそうな帰国子女がやってきた。
83話~88話
麻理鈴を目の敵にする三島課長が与えた次の試練は、奇人変人がいっぱいの榊グループへの加入。
89話~94話
「理想の結婚」っていったい何!?しかもそれで儲けるだと!? 女嫌いで「女は無能」と決めつけている“課長さま”こと三島課長から与えられた次なるミッションのため、結婚式のマネージメントについて悶々と悩む麻理鈴(まりりん)。だが、麻理鈴は、この難題を乗り越えられたら、憧れのT・Oさんに会いに行くことを決心する。
95話~100話
ついに目標クリア!三島課長から与えられたミッションもこなし、念願の「女性飲み会」も達成。これで愛しのプリンス、T・Oさんに会いにいける…でも、彼に会えたら、どうやってこの気持ちを伝えたらいいんだろう?恋の力は無限大!麻理鈴(まりりん)の純愛がマックスに達するハラハラドキドキの第16巻!
101話~106話
麻理鈴(まりりん)への新しい指令は、社内の「ホワイトローズクラブ」に入部せよ。そこはハイ・ソサエティー、清楚で可憐なお嬢さまだけが入れるサークル。はたして、そんな環境とは全く無縁の麻理鈴の一般人パワーは通用するのか!?魔物よりこわいお嬢さま集団とのバトルスタート!!恋する乙女、麻理鈴の出世ゲームコミック第17巻!!
107話~112話
アメリカへ行ってしまったT・Oさんにふさわしい女になるため、さらなる出世への旅を続ける麻理鈴(まりりん)。次なる試練は、社内のお嬢さまサークル「ホワイトローズクラブ」で超豪華なパーティーを超低予算でやれとの指令。どんな裏技で切り抜ける!?スリル満点、波乱万丈のゲームコミック、最大の敵は、上司でも予算でもなく、お嬢様さまだ!!
113話~118話
レベルアップした戦いが始まる恋愛至上主義型RPG(ロールプレイング)コミック第19巻!!お嬢さま軍団粉砕!その戦いぶりを見こまれた麻理鈴(まりりん)が、スカウトされた!!しかも、そこはかって麻理鈴がちょっとだけ在籍していたことがある“レディスシンクタンク”。が、ここでいま異変が起きていると…。
119話~124話
人材派遣会社“レディスシンクタンク”での課題は、「クビにする者と残す者の査定」!その査定をめぐって、エリートOLとフツーのOLの対立が勃発した!さらに、最大にして最強の敵が登場。それは、麻理鈴(まりりん)がいちばん尊敬する峰岸さんだった!!そしていま、かつての恩師が麻理鈴の行く手に立ちふさがる!
125話~130話
近江物産の子会社“レディスシンクタンク”の紛争をおさめる、という新たな難問に取り組む麻理鈴(まりりん)は、ここをエリート集団にしようとする、かつての師、峰岸さん一派と対立することに。麻理鈴は、落ちこぼれ仲間の根津緑と土浦美意子の協力を得て、峰岸さん派の切り崩そうとするが、かつての師、峰岸さんから麻理鈴を悩ませる新たな提案が!はたして、麻理鈴の下す決断とは?
131話~137話
難関の“レディスシンクタンク”での紛争をクリア!おまけに、かつての師・峰岸さんから帰国しているT・Oさんに会わせてあげるといわれ、大喜びの麻理鈴(まりりん)。一方、麻理鈴がかつて在籍していた古巣のシステム企画課では、課内の人員は変わっていて、戻るや否や雑用ばかり命じられることに。はたして、麻理鈴はT・Oさんに会うことができるのか?そして、システム企画課での麻理鈴の行末は?
138話~143話
新たな敵、佐伯課長が女子社員内に蒔いたトラブルの種を、なんとか取り除いた麻理鈴(まりりん)。だが、アメリカ研修制度のためのレポートを握りつぶされてしまう。その一方、近江物産から切られた下請けの川合商会の手助けをすることになったが、佐伯課長は全く仕事をくれる気配がない。はたして、そんな佐伯課長の本音とは…。
144話~149話
古巣に戻った麻理鈴(まりりん)だが、新たな難敵・佐伯課長にいきなり遭遇の大ピンチ!!しかし、一度は近江物産から切り捨てられた下請けの川合商会との取引を再開させて、なんとか課長の意地悪な要求もクリアした。そしてなによりも、課長の心を動かして、念願のアメリカ研修用のレポートを提出することに…!?
150話~155話
念願のアメリカ研修用のレポートを提出することになんとか成功した麻理鈴(まりりん)。一次面接を奇跡的にクリアし、これでまた憧れのT・Oさんに一歩近づけた、と喜んだのもつかの間、海外人事課長の美園に「次は落ちる」と言われ、悪戦苦闘を展開。そして謎の人物、平賀の行動とは…麻理鈴は狐と狸のだましあいに巻き込まれてしまうのか!?
156話~161話
夢をかなえる鍵を探し出す!!念願のアメリカ研修の面接に遅刻をしてしまった麻理鈴(まりりん)。奮闘むなしく、アメリカ行きは夢と消え、憧れのT・Oさんからも遠ざかってしまう。そして再び、別名「近江物産の座敷牢」と呼ばれる資材管理室に異動となり、出世街道は振り出しに戻ってしまった…。こうなったら、秘密の武器(アイテム)を集めて、王子様(プリンス)の待つアメリカへ!?
162話~167話
部署をたらい回しされ続ける麻理鈴(まりりん)。別名「近江物産の座敷牢」と呼ばれる資材管理室に舞いもどり、出世街道も振り出しからの再スタート。しかし、怪しい経営コンサルタント・平賀のくれた資料をヒントに、麻理鈴はコンピュータルームと資材管理室の統合計画を進める。はたして、平賀の協力で計画を成功に導くことができるのか!?
168話~174話
異動続きの麻理鈴(まりりん)が、とうとう近江物産の中枢・商社の花形ともいえる海外事業課に配属になった!活気あふれた課で1人取り残され、パワーを持て余す麻理鈴だったが、かつてシステム企画課で友人になった板倉と再会し、しばし安堵。だが、ホッとしたのも束の間、上司である西チーフから「板倉とつきあうな」と言われ困惑する…。敵も味方もわからない世界の中、1人で戦いの作戦を練らなければならないことに!
175話~180話
とうとう近江物産の中枢・商社の花形ともいえる海外事業課に異動になった麻理鈴(まりりん)は、システム企画課時代の友人・板倉と再会する。麻理鈴の上司・西チーフは部長に連なる保守派、かたや板倉は彼女の上司・川端チーフと課の改革を画策している革新派。双方の対立というトラップだらけの場所に入りこんでしまった!無事に脱け出すためには強力な武器が必要。でも、そんな武器はどこに…!?
181話~186話
近江物産の中枢、商社の花形ともいえる海外事業課に異動になった麻理鈴(まりりん)は、そこでシステム改革派と保守派の派閥抗争に巻き込まれてしまことに…。そんな中、改革派の川端チーフがライバル社のナカイ通商から引きぬきにあっていて、近江の極秘情報を手土産に持っていく段取りになっていることを知る。事態収拾のため奮闘する麻理鈴…絶体絶命の第30巻。
187話~192話
麻理鈴(まりりん)は、ついに王子様(プリンス)のいる城に入った!筑波にある新しい職場の総合研究部は、近江物産のこれからの方向性を決定する一種の未来研で、各部署のエリートが集まっている。能力がないと判断された者は、ただちに本社の社員と入れ替えられるという過酷な部署。麻理鈴のもっている鍵じゃ開けられない秘密の部屋だらけ。大丈夫なのか麻理鈴!?
193話~198話
近江物産の各部署のエリートが集まる新しい職場、総合経済研究部。連日、能力をはるかに超える課題やレポートと格闘し、四苦八苦する麻理鈴(まりりん)だったが、さらに悪いことに、入った女子寮でも早々につまはじきにあい、追い出されそうになってしまう。1人ではとうてい太刀打ちできない。頼りになる仲間をさがして、走れ麻理鈴!!
199話~204話
近江物産の方向性を決定する一種の未来研、総合経済研究部。自分の能力では遠く及ばない課題やレポートと格闘する麻理鈴(まりりん)だったが、入った第一女子寮でもボスの高田を怒らせ、退寮を迫られてしまう。しかも、高田はT・Oさんが在籍する特別研修班に入る時の最終面接官。とんでもない相手を敵に回してしまった麻理鈴。はたして、このまま筑波のエリート女性たちの争いの切り札になってしまうのか!?
205話~210話
喜びも束の間、研究所での仕事は麻理鈴(まりりん)の能力をはるかに超え、四苦八苦の毎日。入った女子寮でも紛争に巻き込まれてしまう。麻理鈴は、寮の独裁者として君臨し、T・Oさんのいる職場の最終面接官でもある高田に接近。高田が昔、恋人に裏切られ周囲に心を閉していることを知った麻理鈴は、もう一度、高田に温かい心を取り戻してもらうため、荒療治の策を練る。はたして、最終面接結果は!?そしてT・Oさんに近づくことができるのか!?
211話~216話
T・Oさんを間近にして、夢心地な毎日を送る麻理鈴(まりりん)は、研究所での実力者である高田の助手として働き始めた。絶好のチャンスと、一大決心をしてT・Oさんに告白することを決意する麻理鈴だったが、「自称恋人」という彼の幼なじみ・笹沼が登場!美人で積極的な彼女に麻理鈴はすっかり弱気になり、でばなをくじかれてしまう。苦境の麻理鈴、愛は告白できる!?
217話~222話
「自称恋人」というT・Oさんの幼なじみ・笹沼の妨害にもめげず、麻理鈴(まりりん)はとうとうT・Oさんに告白!T・Oさんの答えを待つ1週間の間、高田のはからいで本社の研修へいくことに。久々の本社で麻理鈴は、かつての師、峰岸に再会!しかし、峰岸が電撃結婚していた事実に驚く。そんな峰岸の様子に勇気づけられるが麻理鈴だったが…。長い道のりを経てここまで辿り着いた麻理鈴の恋、いよいよ実を結ぶ日が来るのか!?
223話~228話
ついに、T・Oさんに告白した麻理鈴(まりりん)。同じころ、T・Oさんの幼なじみ、笹沼もまた、愛を告白する。T・Oさんの返事は1週間後。初めて会った時から、思いを告げるためにがんばってきた麻理鈴と、ずっとずっと長い時間をT・Oさんと過ごしてきた笹沼。はたして、T・Oさんが出した答えとは!?感動のエンディングを迎える麻理鈴の出世ゲームコミック、決断の最終巻!!

悪女(わる)をスマートフォン/ケータイで無料試し読み

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank