沈黙の艦隊のレビューと感想

沈黙の艦隊
  • タップ
  • スクロール
レビューを書く
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全53件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 評価:5.000 5.0

    見るべき作品

    年月を経ても色褪せない名作です。
    日本の対米姿勢や、防衛についてなど、今こそ真剣に考えるべきです。
    自分に全く関係ない芸能人の不倫を気にかけている余裕があれば、自国のおかれている状況にもう少し注意を向ける方がいいと思います。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  2. いま話題の時事ネタ

    ネタバレありのレビューです。表示する

    いま話題の時事ネタ、集団的自衛権について様々な角度で理解できる。ストーリーも先の展開が気になる内容で、政治を学びながら楽しめます。かわぐちかいじファンになりました。

    15人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望
    今の

    今の日本をふつふつと書いてる内容が面白い!他国との戦略的なやりとりがこんなに面白いとは思わなかった!政治物としては当たりです!

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 評価:4.000 4.0

    20年の時を越えて

    再び読み直してみた、色褪せない素晴らしい作品だった。
    これくらいの気概があれば日本は自己防衛できてスイスの様に国民全員が傭兵という蜂の様な構成で永世中立国が保てて弱い者を守れた筈、おの自ら戦うのではなく海の向こうから戦はいつもやって来た。
    大事な巣を荒らされたくなければ抗うべきで、いつまでも狙われない保証等何処にも無いと震え上がらせてくれる作品。

    このレビューへの投票はまだありません

  5. 評価:5.000 5.0

    モーニングでたまたま読んだら面白くてその時出ていた10巻までを一気に大人買いした記憶があります。現実と空想がうまく絡みあった、これぞかわぐちかいじ氏作品だっ!って感じの物語。途中から政治メインに移っていきますが、それもまた考えさせてくれる物語。たびたび読み返したくなる作品です。

    このレビューへの投票はまだありません

  6. 評価:5.000 5.0

    初めて原潜というものを知った

    第二次大戦の大艦巨砲主義から空母時代、そしてイージス艦と軍艦のトレンドは移行したが、原潜の凄さを感じられたのはこの作品のおかげ。まさに海の忍者。圧倒的スケールで描き切り、当時のアメリカでも話題になった。

    このレビューへの投票はまだありません

  7. 評価:4.000 4.0

    引き込まれます

    自衛隊や軍に興味なくても読んでみるべき作品
    息をつかせないテンポで想像以上の展開に気づいたら読み更けってしまいました
    懐かしの域になるかもですが、国防が難しい今だからこそ、改めて読んでみましょう

    このレビューへの投票はまだありません

  8. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    昔、読んで感動した記憶があります。これを読んで、戦争ものや社会派の漫画も勉強になるものだなと読むようになりました。いつの時代も色褪せず、現代の国際情勢に照らし合わせてもありそうな展開で、かわぐちかいじのすごさを感じます。女性でも一読をおすすめします!

    このレビューへの投票はまだありません

  9. 評価:5.000 5.0

    スゴいスケール感

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ものスゴいスケール感の漫画である。原子力潜水艦が独立国家を名乗り、世界平和を目指してアメリカを始めとする大国を相手に伍していくという荒唐無稽な話である。

    このレビューへの投票はまだありません

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全53件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー