調教恋物語(ラブストーリー)のレビューと感想

  • お役立ち順
  • ネタバレあり
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる
  1. 評価:3.000 3.0

    話の展開が、途中からいい話に変わった?

    ひなこ先生の初期作品です。ダークな作品を好きな方に、おすすめです。

    ただ、強引攻めの松崎も、流され不憫受けの店長も、途中からハッピーエンドに向けてなのか、急に人格が変わり、ダーク色が崩れて残念でした。

    9話で、やっと店長が心許してきた時、松崎は「慣れたらつまんないんだよなー。面白いことないかなぁ……」。→店長の彼女・由佳に罠を仕掛け。→彼女と破局。(この彼女が、聖母のようでした。店長を一発殴っても、バチは当たらないと思うけどなー。)

    本領発揮かと思いきや、この辺りから、キャラ変して、二人して好きだのごめんなさいだの、言い始めます。
    特に松崎!相手の気持ちどころか合意も取らずに、強引に何度もしてたよなー。今さらその真っ当ぶりは、如何かと思うぞ。
    ……あくまで個人の嗜好です。

    でも、最後まで闇落ちドロドロな結末より、予定調和なハッピーエンドの方が読後感いいだろうし、これもありなのかな、と思います。

    • 0
  2. 評価:4.000 4.0

    攻が怖い

    若干攻の気持ちが怖く見えましたが、この作家さん好きには十分楽しめる内容でした。年上受、更に眼鏡が好きの私は好きな作品になりました。エロさもバッチリ!

    by MAKO
    • 5
  3. 評価:5.000 5.0

    作者さん買いですが、面白かったつです!!攻が、最初はいい子だと思ってたんですが、結構歪んでます!!ですが、最後はわかりあい、ハッピーエンドです!!

    by 匿名希望
    • 0
  4. 評価:3.000 3.0

    強引なところも、エッチなところも凄く良かったんだけど、確か途中で慣れて来たからつまんないって言ってたよね? その直後に彼女登場で波乱あってまとまったけど、ソレ無かったら飽きたんじゃないの? 店長は真面目に惚れたのに。そこ、全く納得出来ないので星⭐️みっつ。

    by 匿名希望
    • 1
  5. 評価:2.000 2.0

    彼女がいるのに店長流され過ぎ。彼女と別れるときも結局彼女から言わせてるし、最後も本当に攻が好きなの?彼女と別れちゃったし、バイトも続けて欲しいからじゃないの?と思ってしまいました。

    by 匿名希望
    • 0
  6. 評価:3.000 3.0

    なんかちょっと都合が良すぎるというかなんというか…
    キャラが定まってないというか、二重人格?ってぐらいなんか差が激しい。
    面白いこと無いかな~で傷付けて、ごめんなさい、はい終わりってなんか、んーって感じしたので星三つ

    by 匿名希望
    • 1
  7. 評価:5.000 5.0

    コンビニラブ❤️

    天使か悪魔か‼️
    真面目でお疲れの、店長の受難❗
    かわいいイケメン、アルバイトは、天使の顔をした悪魔なのか‼️はたまた、二重人格⁉️
    かわイケアルバイト(笑)は、コンビニの他のスタッフも巻き込んで、職場が明るく清潔に変化していきました。でも、店長壊れない?💧ハラハラしましたが、ラスト、安堵しました🎵作者さま、ありがとうございます‼️

    by 匿名希望
    • 1
  8. 評価:4.000 4.0

    本音か

    建て前か、最後まで謎な攻。一体どっちなんだい⁈って感じで、モヤモヤしました。作者さん買いなんですが、何と言うか、詰まる所、ヤンデレ?みたいな。受けが、久々に可哀想になりました。

    by 匿名希望
    • 1
  9. 評価:3.000 3.0

    ハラハラドキドキ!

    ゆーすけのブラックな部分が見え隠れしていてちょっと怖かった。ゆーすけがあまりにもブラックすぎて結末を読んでも本心?!って疑いが…。

    by 匿名希望
    • 0
  10. 評価:5.000 5.0

    ひなこさんぶし!!

    強引だったり切ない中にも愛が芽生えたり!!人生なにがあるかわからない感じがたまらい。
    受けの泣き顔ツボでした。

    少し残念なのが、攻めは受けのどこに惹かれたのかがわかりずらかったかな^^;

    強引攻め、流され受けをもとめるならひなこさんの作品は胸あつです。

    by 匿名希望
    • 5
ネタバレあり:全ての評価 1 - 10件目/全11件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー