ヨルノセイカツ - 野崎ふみこ | 女性漫画

顧客満足度No,1

めちゃコミック

漫画:ヨルノセイカツの詳細

産後、愛する夫に触られるのが嫌になってしまったサチ。苦悩の末、辿り着いた答えとは…

ヨルノセイカツ

ヨルノセイカツ

作者
野崎ふみこ
雑誌
Judy
ジャンル
女性漫画
タグ
短編 人間ドラマ 恋愛 子育て・家族 浮気 アラサー

ヨルノセイカツのあらすじ

「どうしてHができないの…!?」子どもを産んだとたん、愛する夫にさわられるのも嫌になってしまったさち。自分の身体の変化にとまどい、苦悩するが…? 夫婦のリアルを描いた表題作ほか、同棲7年目の行方「できたら婚」、不倫の清算と過去との出会い「ウルトラロマンチック」など、さまざまな愛を鋭く描いた作品集!

ヨルノセイカツ のスタッフレビュー

ゆっきー

夫がキモチワルイ! 産後ガルガル期に訪れる夫婦の危機・セックスレス

どうして!? 愛してるのにエッチできない…

市橋中・さち夫妻は、愛し愛され結婚しました。可愛い息子も無事に産まれ、市橋家は幸せ大絶頂! ……のはずだったけど、育児に追われるさちは、中に触られるだけで拒否反応が起こるようになってしまいます。セックスレス夫婦の苦悩がリアルに描かれている本作は、多くの女性に共感され、話題になりました。

本作は、『Judy』(小学館、2008年に休刊)に掲載された読み切り作品集。愛し合う夫婦に降りかかるセックスレス問題をテーマとした表題作『ヨルノセイカツ』をはじめ、同棲7年目を迎えたカップルの行く末を描く『できたら婚』、不倫関係を清算し、過去と決別する『ウルトラロマンチック』を収録しています。大人の女性の悩みが詰まったオムニバス作品ですが、どの作品も 読後は爽やかな気持ちになります。

新たな家族を迎え、変わりゆく家族の形

新米ママ・さちは、初めての子育てで毎日グロッキー状態! 子どもの夜泣きで夜も眠れず、家事もままならない状況で、「今夜、どう?」なんて言われても、まったくその気にならないどころか不快感まで湧いてきちゃうんです。でも、愛する妻が隣にいて、イチャイチャしたい中の気持ちもわかる…! どちらも悪くないのにすれ違ってしまう夫婦と、それを改善しようとする二人の関係がテンポ良く進んでいく本作。子どもが加わり、新しい家庭環境で必死になっている二人が、相手の気持ちを思いやり、寄り添い合えるようになっていく姿には感動しちゃいました。

母としての顔を持ち始め、女でいられなくなったさちと、妻を女として愛したい中。“男と女”から“父と母”に成長していく夫婦に、女性のみならず男性も心動かされるはずです!

2016/05/31 10:00

ヨルノセイカツのレビュー

  1. 評価:4.000 4.0

    13人の方が「参考になった」と投票しています。

    【ヨルノセイカツ】男性のリアルな気持ち

    自分はまだ既婚ではありませんし妊娠出産経験もありませんが、月経困難症で薬を飲んでます。その薬の副作用が強いときに長く付き合って一度も求められるのが嫌だと思ったこともない彼氏に体を触られるのがすごく嫌だと感じたことが2度ほどありました。

    その時の不安そうで切なそうな彼氏の顔と作中の旦那さんの諸々の感情が重なりました。重なるどころか、作中の旦那さんは私の彼氏の何十倍も耐えたんだから本当悩んだんだろうな…と。胸がいたい

    そして女性のそういった「拒否反応」が個人によっては作中の主人公ほどにも強くなってしまうこともありえなくないんだな…と。

    結婚し、妊娠する時のホルモンの影響による自分の変化が怖くなるような作品でしたが、そんな問題にぶつかってもどこかで思いやりをお互いに向けられるような関係にしていきたいなと思わせられる作品でした。

    また、他の方は「浮気してもいい」発言にかなり嫌悪感を抱かれてるようですし、私も個人的には「そこまで言っちゃあかんだろー、私はそんなこと言えないわw」と思った方なんですが、それほどまでに「拒否反応」が出てしまう人もいるという事実を表現するためには必要だったのかな…と。

    女性のつわりとかマタニティブルーとかその他もろもろの症状の程度って本当に個人差のあるものですし、ママ友への理解などを深めるヒントにもなるような…。

    たくさん学ぶことがある漫画でした。

  2. 評価:3.000 3.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    まあまあ。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  3. 評価:3.000 3.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    二人三脚

    ヨルノセイカツを拝読しました。賛否両論色んな意見が聴けて面白いです。

    産後クライシスやホルモン云々よりも、夫婦で困難に直面した時、如何にしてお互い乗り越えていくか、それには周りの助けや支えもあって成立するんだなと考えさせられる内容でした。

    つくづく結婚には妥協と忍耐、思いやりが必要不可欠だと感じました。
    ←それが人間としての成長を意味しているのではありますが。

    十人十色だから違って当たり前なのに、性格の不一致などの理由で簡単に離婚に至るケースが多い昨今、苦悩しながらもお互い歩み寄ろうとしている描写は清々しいものだと感じました。

    大半は夫婦生活が穏やかに過ぎていくのに対し、こういう本心とは裏腹に感情がセーブ出来ない稀なケースもあるんだなと、将来に向けての勉強と覚悟を決める材料となりました。

    とはいえ、何事もなく穏やかに時間が流れてくれるのが理想ではありますが…

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    12人の方が「参考になった」と投票しています。

    独身の女から、既婚の母への移り変わり。

    ネタバレありのレビューです。表示する

  5. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    14人の方が「参考になった」と投票しています。

    レビューに驚き

    賛否両論ある内容ですよね。
    私は産後も旦那拒否はならなかったですが、産後のホルモンバランスが他の面で精神的な問題を起こしました。
    「なんでもホルモンバランスってのは」というレビューがチラホラあるのを見て、「この人達は知らないから言えるんだな。それって幸せだな」と感じました。
    したくないなら、せめて優しく←そんな当たり前のことが当たり前にできない。
    特定の人、行為に鳥肌が立つ。嫌悪感が身体中に走るって経験がないのはすごく羨ましいです。
    本当に頭がおかしくなってるような、叫んでしまうような感じになるんですよね。
    経験ない人の方が多いし、なんて言い訳しても、この登場人物の奥さんがそのままだったら離婚されても仕方ないと言われるでしょう。
    そう言える立場にいる幸せを振り返れる、経験者はそんな症状があることを知ってもらうことができる漫画ですね。
    妊娠中の避妊なし行為はありえませんが。

すべてのレビューを見る(107件)

ヨルノセイカツに関する記事

おすすめ特集

ヨルノセイカツをスマートフォン/ケータイで無料試し読み

めちゃコミックはスマートフォン/ケータイ専用の漫画・電子書籍ストアです。以下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

  • スマートフォンで読む

    Android/iPhone
  • ケータイで読む

    docomo/au/Softbank