モンキーターン

あらすじ

ボートレーサーを目指し、本栖研修所の試験を受けた波多野憲二。友情と闘争心の中で大きく育っていく若者をえがく異色スポーツまんが。

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/386話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    ボートレースにハマりました

    これがきっかけで競艇をはじめました。
    ボートレースの基礎知識を学ぶのにもすごくいいんですが、それよりもこの漫画がボートレースの面白い部分をギュッと凝縮していますので、“ボートレースの楽しみ方”を学ぶのにいいと思います。
    今でも買った負けたにとらわれてボートレースを楽しめていないな…と感じると読み返しています。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白いの一言

    いやー面白いです。
    ギャンブルやんと思って読まない方はたくさんいると思いますが是非騙されたと思って見てください。
    人の成長やはたまた恋愛ありいざこざあり身近にもありそうなこともたくさんあるので飽きないです(笑)

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    大好きな作家

    この先生の作品群はみんな大好きです。
    「帯をギュッとね!」で出会ってからずっと追い続けてきました。
    柔道、書道、競艇訓練生…などあまり商業作品に向かないようなジャンルにスポットをあて、緊張や葛藤を乗りこえ成長していく人物たちを通して青春群像劇を織りなしていく手法は、作者のライトながらデッサンが正確な、実は玄人好みの画風と相まって、爽やかな読後感をもたらしてくれます。
    当方ごく一般的な性的指向をもつ男性ですが、マンガを読んでいてよく辟易させられるのは、中高生向け作品にありがちな余分な(実生活においてまず経験できないような)ラッキーハプニング的な性描写の数々です。先生の作品にはこれらがほぼなく、ヒロインの体型等もきわめて現実的です。その辺りも河合先生が好きな理由かもしれません。何しろ、性的な部分も含めた過激さや、突然展開される「○○ゲーム」など突飛な設定を売りにする作品が跋扈するマンガ界において、リアルなストーリーや登場人物の魅力だけでここまで読ませるのですから。
    現実にあるものをドラマチックに見せる技術は、一朝一夕に身につくものではないのでしょう。現実にあるものは偽ればすぐに指摘される。だからこそ、批判もしようのない突飛奇抜なアイデアでひと山当てようとする作家が沢山いるのだと思います。翻って、それができる作家というのは(批判耐性も含めて)非常に貴重な存在であって、応援したいと自然に思わせてくれるのです。先生はきっと、これからも良い作品を私達に読ませてくれることでしょう。

  4. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    モンキーターン

    小学校の時に初めて読んでからずっと好きだったので久しぶりに読んで思い出に耽っていました。
    登場人物で1番好きな青島優子ちゃんを見ていると可愛いなーって思って見ています。
    モンキーターンを見て競艇を見るようになり今ではとても詳しくなってしまいました。それくらいこの漫画に魅力があったからだと思います。、

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    面白い

    ボートレースってよく分からなかったんですが、読んでいくと色んな駆け引きがあって面白い。
    競艇選手になるためにどうするかなど、競艇選手になる前、なった後の事もよく分かる。競艇場に行ってみたいと思った。ちょっとボートレースに興味も湧いた。知らない事ばかりが描かれていて、読み進めるにつれて興味が湧き、面白くなった。

すべてのレビューを見る(38件)

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集