ソラニン

あらすじ

種田の言葉に勇気を与えられ、会社を辞めた芽衣子。そして、そんな芽衣子の言葉に突き動かされ、本気でバント活動を始める種田。空虚だが熱く、悩みながらも前向きに生きようとするふたりの行方にあるものは…!?

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

/28話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    揺さぶられる

    浅野いにおという作者は、若者の漠然とした不安感みたいなものを描くのがとても上手い。
    その不安感が、時代を反映したものなのか、若者に普遍的なものなのか、個人の問題なのかは、わからない。
    でも、彼らの気持ちは、すごくわかる。

    たとえば、ゆるい幸せがだらっと続くこと、それで満ち足りている気がするんだけど、これでいいんだ、って気もするんだけど、心のどこかでは「本当にこれでいいのかな」って迷いが、「自由」とかいう不確かな魔物の囁きが消えなくて、何かになれる気もして、何にもなれない気もして、何にもなりたくない気もして、だいたい、このゆるい幸せだって、いつ消えるともしれなくて、いつか不意にソラニンみたいな悪い芽が出て、さよならが来るかもしれないじゃん。

    そういう不安感は、彼らのものでもあり、私のものでもあった。
    かつては、という話だ。
    私はいつの頃からか、自然にその場所を抜け出し、ゆるい幸せを守るために生きることを迷わなくなった。
    けれど、かつての思いの名残りみたいなものは、今でも私の中で、ライブハウスの残響のように微かに鳴っていて、それをこの漫画にどうしようもないくらいに揺さぶられた。

    読んだときも、ちょっと泣いた。
    が、翌日、仕事に向かう車の中で、アジアンカンフージェネレーションの「ソラニン」を聴きながらこの漫画のことを思い出して、涙が止まらなかった。
    そんな漫画って、ちょっと凄いな、と思った。

    by roka
    • 8
  2. 評価:4.000 4.0

    いつのまにか種田より年上になってた

    高校生だが、大学生だかの時に読んで20代ってこんな感じなのかな。とか思ってた。
    フリーターしてバンドしてみたいな世界があんのかな。とか思ってた。
    でも、20代越えても「うおーギター弾きてー」って情熱溢れる種田はすげえよ。
    どこかリアルで、純粋な世界観みたいなのが直視できなくて途中で読むの辞めた。
    それくらい良い漫画です。

    • 0
  3. 評価:5.000 5.0

    私の青春

    音楽に駆られる青年と変わらない毎日に鬱憤が溜まっていく彼女のお話。
    変化は刺激であり、パワーがいる。だらっと続く日々の中で、もがき苦しむ姿に当時、大学生だった私は共感しまくりでした。

    by 匿名希望
    • 0
  4. 評価:5.000 5.0

    宮崎あおい

    映画見てから漫画読んだから宮崎あおいの声で全部再生されるんだけど、楽器をかき鳴らす女の子が好きなのはこのマンガのせいかもしれない。あとはナンバーガールのたぶちひさこのせい。

    by 匿名希望
    • 0
  5. 評価:4.000 4.0

    おじさんやおばさんだから響くものも有るかも。

    もちろん若い人にもだけど、

    忘れゆく記憶の中、こんな日常もあったなと胸に沁みるような。


    ソラニンってジャガイモの毒なんだけど、分からんでもない。

    • 0

すべてのレビューを見る(34件)

関連する作品

Loading

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading

おすすめ特集

>

ソラニンに関する記事