花園メリーゴーランド - 柏木ハルコ | 青年漫画

花園メリーゴーランド

ハナゾノメリーゴーランド

あらすじ

主人公は、ちょっと無口な高校1年生の相浦くん。旅行中にバスを乗り過ごし、知らない集落に迷い込んでしまい…。そして、土地の女性たちに誘われて、というか襲われて、いきなり貞操の危機に陥るが!?

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

/68話へ

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0
    by roka

    9人の方が「参考になった」と投票しています。

    価値観クラッシャー

    「夜_這い」の風習が残る、前近代的な村社会に迷いこんだ少年を主人公にした作品。

    恐ろしい漫画である。
    読者の価値観に揺さぶりをかける、というか、ほとんど破壊しようとするほどの勢いだ。

    作中、村の生活を「おかしい」と言う主人公の少年に、一人の女性が答える。
    性なんて、腹が減ったら飯を食うのと同じ、生活の一部だ、と。
    この村の人たちはずっとそうやって幸せに暮らしてきた、何がいけないのか、と。
    これは、少年に向けられた問いであるのと同時に、読者に突きつけられたこの漫画の毒でもある。
    少年は、答えられない。
    私も、答えられなかった。

    一夫一妻の制度も、ロマンチックラブの観念も、不倫を悪とする価値観も、全て、私たちが後天的に知る、ある種の幻想に過ぎない。
    幻想もなめたものではない。
    その幻想が、私たちの存在を支えているからだ。
    しかし、である。
    この漫画は、読者に問いかける。
    あなたはこの村の風習を「異常だ」と感じるかもしれないが、仮にこの村に生まれたならば、あなたは村の性の自由さに疑問を持ったか。
    あなたを支えている幻想は、別の社会の幻想を見下したり切り捨てたりできるほど立派なのか。
    性が解放されている、というだけのシンプルな世界に生きることと、ろくに知りもしない他人の不倫報道に怒り狂ってネットで叩く人間に溢れた世界と、果たしてどちらが「異常」なのか。
    そんな、どこまでも根元的な問いを突きつけてくる漫画。

    嗚呼、恐ろしい。
    読み終えてしばらくは、何かにつけてこの漫画のことを思い出し、考え込んでしまうだろう。
    この先のあなたの人生に、よくも悪くも「残って」しまう漫画だと思う。

    優れた作品はいつも、答えではなく、問いを残す。

  2. 評価:5.000 5.0

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    止められず読み続けた…

    ネタバレありのレビューです。表示する

  3. 評価:4.000 4.0

    25人の方が「参考になった」と投票しています。

    サラッとは読めない

    山奥の閉鎖された村に迷い込んでしまった主人公。そこは性に関してものすごく特殊な風習がある村だった。裸がばんばん出てくるがいやらしさはない。昔の日本の雰囲気と独特の不気味さが漂う。
    え、実話なの!?と驚かされるが本当かどうかは不明。ただ、実話だったとしたら、こんなアナーキーな場所には絶対に近寄りたくない。
    この作者さんは人間の根本みたいなものを描くのが上手い。民俗文化の研究本を読んでいるような気がしてくる。好き嫌いが分かれ、好き派には熱狂的なファンがいそうな気がする。

  4. 評価:5.000 5.0

    26人の方が「参考になった」と投票しています。

    一気に読みました!☺

    ネタバレありのレビューです。表示する

  5. 評価:5.000 5.0

    12人の方が「参考になった」と投票しています。

    すごいハマった!!

    このマンガことはネットの広告で知り、気になったので読んでみました。
    読んでみたら案の定私好みの漫画で35話くらいまで一気に読んでしまいましたw
    これから読む人も多分ハマると思うので
    ぜひ読んでみてください!!

すべてのレビューを見る(341件)

最近チェックした作品

Loading

関連する作品

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading