鬼虫

あらすじ

時は平安時代。絶海の孤島「鬼島」に流れ着いた女は、果たして“凶”の兆しなのか…?原始の島が禍いに揺れ動く、波瀾万丈のサバイバル!!

  1. まとめ買い

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 001話 コメント0
    第1話 プロローグ(1)
    無料
  3. 002話 コメント0
    第1話 プロローグ(2)
    45pt
  4. 003話 コメント0
    第2話 怒濤(1)
    46pt
  5. 004話 コメント0
    第2話 怒濤(2)
    46pt
  6. 005話 コメント0
    第3話 仮住居(1)
    46pt
  7. 006話 コメント0
    第3話 仮住居(2)
    46pt
  8. 007話 コメント0
    第4話 風
    46pt
  9. 008話 コメント0
    第5話 吉凶
    46pt
  10. 009話 コメント0
    第6話 夜に蠢く
    46pt
  11. 010話 コメント0
    第7話 まんぼう
    46pt
/62話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    この人間くささがたまらなくいい!

    ネタバレ レビューを表示する

    火山活動がある小さな島のお話。
    荒波がたって、小舟だと転覆してしまう為、殆ど誰も近寄らない、閉鎖された空間。

    昔の人はもちろん「神様が怒っていらっしゃる」としか思わない。
    そんな中、昔海に流されて死んでしまったヒロインの姉に似た人が流されてくる。

    その流されてきた女が、本土から流れてきたので、知識も豊富で、いつか本土に帰る野心に燃えていて、島の人間を利用する。

    最終的に島の人は大きな船を作り、島を脱出するのだけれど、そこまでのやり取りがとても人間臭くて、心理描写がとても心に迫る描き方で、引き寄せられます。

    他の作品も読んでみたい。

    • 8
  2. 評価:4.000 4.0

    面白い。

    ネタバレ レビューを表示する

    ここまでの性悪女(悪女)を見たのも久しぶり。ワルっぷりと言うか悪人っぷりが際立ってる。映画やドラマにしたら、完全に主人公が食われてしまうほどの存在感になると思う。(脚色されず、忠実に描かれたら、の話)
    あの悪女にスポットを当てたストーリーであれば、ただただあの島を出て育った都(故郷)に帰りたかっただけなのかもしれない。トラゴの愛情と思いやりと想いが、結果的にそれを阻んでしまったのも、運命の悪戯だろうか…

    by 匿名希望
    • 5
  3. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    こういう中世日本のなかで原始を感じるような世界観が大好きです。昔は今よりずっと地方間で文化の違いがあったんだろうな。進んでるとか遅れてるとかではなく、「違う」。

    作品は初めの頃の大自然相手に逞しく生きる島の生活の雰囲気から徐々に対自然ではなく対人間でしのぎ合い争う感じ、自然そのものが驚異になるも感じ、スピード感もあり一気に読めました。

    絵については男女とも色っぽくて好きです。特に唇。

    by 匿名希望
    • 2
  4. 評価:4.000 4.0

    認めるしかない

    以前、この作者の「花園メリーゴーランド」という作品に星五つをつけたのだが、はっきり言って私は「花園メリーゴーランド」が全く好きではない。
    好きではないのに星を五つつけた漫画、というのは、そんなにないと思う。

    本作を読んではっきりしたことは、ミもフタもない言い方で申し訳ないが、私はこの作者の漫画が全然好きではない、ということだ。
    しかしながら、この人の漫画の技量は、認めざるを得ない。

    「花園メリーゴーランド」は、前近代的で閉鎖的な村社会における人間たちの姿を描いた。
    本作はさらに舞台が退行(差別的な言い方だが)して、文明ほぼ皆無の島社会である。
    何がすごいって、作者がどんな人生を送ろうが閉鎖的な村社会と島社会の双方を「経験」したはずはさすがにないと思うのだが、どちらも異様なリアリティーと迫力をもって描かれている点である。
    いったいどういう種類の想像力を持ち合わせているのか、マジでわからない。
    何でこんなものが描けてしまうのか。

    「花園メリーゴーランド」も、本作も、表現されていることは、基本的には同じだ。
    それはつまり、人間という存在の、薄汚くて生臭い、綺麗ごとでは済まない生命力みたいなものだと思う。
    作者がそれを肯定しているのか皮肉っているのか、私にはイマイチ、わからない。
    おそらくそのどちらでもなくて、人間というものを、ただ見つめる、というのに近いと思う。

    また、「花園メリーゴーランド」も本作も、一見すると現代社会とは縁遠く見える特殊な社会の人間模様を描くことによって、結果的に、現代社会の本質を照射する、というような、何だか社会学の論文みたいなことを漫画を通じてやっている気がするのだが、そのへんはもう、難しすぎて、私にはわからない。

    いずれにしても、この作者の表現方法というものが、個人的には決して、好きではない。
    それでも、この異常な想像力と筆力は、どういったって認めるしかない。

    by roka
    • 2
  5. 評価:5.000 5.0

    女性が力強く美しい

    ネタバレ レビューを表示する

    タラゴの心の美しさと強さが何と言っても魅力的。理解しやすいストーリーで一気読み。姉ぇが流されるのは最初から衝撃的、そしてラストも後味が良いわけではない。火山が爆発して舟で島を脱出する際は人間の本質が見える。

    この作者さんの作品って独特だなー。

    by 匿名希望
    • 4

すべてのレビューを見る(107件)

関連する作品

Loading

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading

おすすめ特集

>