龍-RON- 40巻

あらすじ

▼第1話/鳳花、同胞▼第2話/虚空▼第3話/草原の祭り▼第4話/殉死▼第5話/裏切り者▼第6話/ドンキホーテ▼第7話/二首の龍▼第8話/捕虜▼第9話/反逆の匣●主な登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。なんとか一命を取り留め、現在は中国で李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元・奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍との再会を経て結婚。長女・和華を出産)、文龍(龍を兄のように慕う青年。小説家志望)、雲龍(映画の主役として抜擢された孤児。ていが養子として引き取った)●あらすじ/秘宝とともに満ソ国境の砦に立てこもった鳳花は、馬賊を率いて追ってきた龍に休戦を要請したのち、なんと京劇の衣装で龍の前に姿を現した。「秘宝を手にしたければ私の命を奪いなさい」と“覇王別姫(覇王との別れの舞い)“を舞う美しいその姿とは裏腹に、その身は深い傷を受けていて…(第1話)。▼紅龍軍の首領・鳳花の死を受けて、燃え上がる寺院から脱出をはかった龍の部隊。その隊列の中には、“皇帝の秘宝“を守るため龍の部隊に加わった紅龍軍の残党たちもいた。秘宝の正体に興味を抱きつつも近づくことも出来ない現状に、部隊長・哲健(チォチィエン)たちは不信感を抱き始める(第2話)。●本巻の特徴/甘粕の命により、満州国の最後の切り札“皇帝の秘宝“を求めて、鳳花を追っていた龍。満ソ国境で鳳花を追いつめ秘宝を手に入れたものの、背後には文龍率いる共産党軍が迫っていた! 龍率いる馬賊たちは、秘宝を守るためモンゴルの草原を駆け抜ける!!

この巻の収録話

  1. 405話
    鳳花、同胞
    61pt
  2. 406話
    虚空
    61pt
  3. 407話
    草原の祭り
    61pt
  4. 408話
    殉死
    61pt
  5. 409話
    裏切り者
    61pt
  6. 410話
    ドンキホーテ
    61pt
  7. 411話
    二首の龍
    61pt
  8. 412話
    捕虜
    61pt
  9. 413話
    反逆の匣
    62pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>