龍-RON- 36巻

あらすじ

▼第1話/玉響の命▼第2話/帰らざる者ども▼第3話/臨時便▼第4話/臨検▼第5話/流賊▼第6話/人販子▼第7話/糞土▼第8話/抜擢▼第9話/雲を掴む子●主な登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。なんとか一命を取り留め、現在は中国で李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元・奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍との再会を経て結婚。長女・和華を出産)、文龍(龍を兄のように慕う青年。小説家志望)●あらすじ/新京の満映社宅・田鶴邸。そこには、久々の帰宅で娘・和華と再会した龍の姿があった。赤ン坊の時に会って以来写真でしか龍を知らない和華であったが、そこはやはり親子。打ち解けるのにそれほどの時間はかからなかった。束の間の一家団らんの時を過ごしていた龍であったが…(第1話)。▼関東軍司令本部で、戦死した弟の遺骨を引き取ったてい。しかし彼女は日本へ帰る飛行機も用意されているというのに、満州に残ることを決めた。そのことに驚いて呼び出した満映撮影所の理事・甘粕にも、ていは「日本へ帰らず満州で新作映画を撮る」と固い決意を打ち明ける(第2話)。●本巻の特徴/満州の実力者・甘粕の密命で、皇帝の秘宝を追う龍はハルピンへと赴くことに。一方、ていも弟・孝吉が戦死したとの知らせを受け「誰もが死と隣り合わせで戦っている…」との想いから、“映画“という戦場で戦うことを決意する。

この巻の収録話

  1. 366話
    玉響の命
    61pt
  2. 367話
    帰らざる者ども
    61pt
  3. 368話
    臨時便
    61pt
  4. 369話
    臨検
    61pt
  5. 370話
    流賊
    61pt
  6. 371話
    人販子
    61pt
  7. 372話
    糞土
    61pt
  8. 373話
    抜擢
    61pt
  9. 374話
    雲を掴む子
    62pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>