龍-RON- 33巻

あらすじ

▼第1話/女の条件▼第2話/約束の月▼第3話/歴戦の兵(つわもの)▼第4話/頭上の道標▼第5話/林檎▼第6話/共産党本部▼第7話/歓迎の理由▼第8話/雛祭り▼第9話/家族●主な登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。なんとか一命を取り留め、現在は李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元・奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍との再会を経て結婚。長女を出産)●あらすじ/1942年2月。銀行筋に顔が利く関東軍の少将・安田に身体をまかせ、大連随一の料亭を手に入れた小鈴。心の奥で龍への思いを引きずりつつも、女ひとり生きていく決意を固めていた。そんなある晩、いつものように安田の相手をしていた小鈴に、大広間から声がかかり…(第1話)。▼強引に関係を迫る安田から、小鈴を助けたのは満州国の夜の帝王、甘粕正彦であった。その後別室に呼ばれた小鈴は、思いもかけないことに関東軍に関する情報収集のために「手を組みたい」と甘粕から直々に誘いを受ける。満月に思いを馳せる小鈴の決断とは…?(第2話)●その他の登場人物/小鈴(龍の叔父・卓麿の妻。料亭の女将)、甘粕正彦(満州帝国の影の実力者。龍に秘宝を探すよう要請した)

この巻の収録話

  1. 339話
    女の条件
    61pt
  2. 340話
    約束の月
    61pt
  3. 341話
    歴戦の兵
    61pt
  4. 342話
    頭上の道標
    61pt
  5. 343話
    林檎
    61pt
  6. 344話
    共産党本部
    61pt
  7. 345話
    歓迎の理由
    61pt
  8. 346話
    雛祭り
    61pt
  9. 347話
    家族
    62pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>