龍-RON- 32巻

あらすじ

▼第1話/開戦▼第2話/捨てる大義▼第3話/友の計画▼第4話/友の死▼第5話/憲兵隊▼第6話/反抗分子▼第7話/釈放▼第8話/巣立ち▼第9話/復帰要請●主な登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。なんとか一命を取り留め、現在は李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元・奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍との再会を経て結婚。長女を出産)●あらすじ/1941年12月8日未明。数時間後に上海からアメリカへ発つ恋人・アンナのことを想い、文龍は埠頭に立って船を見つめていた。文龍から恋人のことを聞いた龍は、かつて自分も愛する女性と引き離されたことを語る。その時、上海港に火の手が上がった!! 日本と英米の間に、ついに大東亜戦争が勃発。アンナのことが気掛かりな文龍は……(第1話)。▼大東亜戦争の勃発により、日本軍の上海租界への進駐が開始され、欧米による上海支配は終焉を迎えた。その上海で、青幇(チンパン)のボスのひとり・黄金栄の邸宅を訪れた龍は、中国皇帝の秘宝・黄龍玉璧を手に入れるための協力を要請し、上海青幇の支持を得る。一方、再会した友人・郭孝成に「日本軍のスパイに追われている」と相談を受けた文龍は……(第2話)。●本巻の特徴/大東亜戦争が勃発!! 戦争の動乱は、文龍から友人を、そして初恋の少女をも奪っていく……!?●その他の登場人物/文龍(龍の弟分。小説家を志す)、アンナ(ユダヤ人の少女。上海のタバコ屋で働いている)

この巻の収録話

  1. 330話
    開戦
    61pt
  2. 331話
    捨てる大義
    61pt
  3. 332話
    友の計画
    61pt
  4. 333話
    友の死
    61pt
  5. 334話
    憲兵隊
    61pt
  6. 335話
    反抗分子
    61pt
  7. 336話
    釈放
    61pt
  8. 337話
    巣立ち
    61pt
  9. 338話
    復帰要請
    62pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>