龍-RON- 31巻

あらすじ

▼第1話/逆運▼第2話/転生▼第3話/祝福▼第4話/忘れじの月▼第5話/花街の女▼第6話/誕生日▼第7話/上海の日記▼第8話/外灘の二人▼第9話/アンナへの祈り ●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。しかし何とか一命を取りとめ、現在は李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元・奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍と再会、結婚した)●あらすじ/龍と共に中国皇帝の秘宝を追う曹徳豊が、自分の家族を殺した鳳花に肉薄する! 戦闘機で逃亡をはかる鳳花に、曹は恨みを込めて銃撃を浴びせる。だが戦闘機は上空に飛び立ち、鳳花は、曹を撃ち殺すよう操縦士に命令。銃弾を受け片足を吹き飛ばされた曹は、止血しようと駆け寄った龍に自分を殺して欲しいと頼み……(第1話)。▼鳳花との銃撃戦で右足を失うも、一命を取り留めた曹徳豊。だがその心には、鳳花から受けた傷が深く残っていた。曹の病室を訪れた龍は、秘宝を追う自分に代わり、ていの側に付いていて欲しいと頼む。「殺し屋から生まれ変わり、本来の曹徳豊に戻れ」との龍の言葉に打たれ、涙する曹。だが、正体不明の刺客が曹に迫り……(第2話)。●本巻の特徴/龍とていの間に、待望の第一子が誕生。そして、上海の文龍を巡り、事態は新たな展開へ!?●その他の登場人物/押小路卓磨(龍の叔父。押小路財閥の実権を握る)、小鈴(元・祇園の芸妓で現在は卓磨の妾)、文龍(龍の弟分。小説家を志す)

この巻の収録話

  1. 321話
    逆運
    61pt
  2. 322話
    転生
    61pt
  3. 323話
    祝福
    61pt
  4. 324話
    忘れじの月
    61pt
  5. 325話
    花街の女
    61pt
  6. 326話
    誕生日
    61pt
  7. 327話
    上海の日記
    61pt
  8. 328話
    外灘の二人
    61pt
  9. 329話
    アンナへの祈り
    62pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>