南京虫

あらすじ

▼第1話/南京虫▼第2話/生存の波紋▼第3話/寝物語▼第4話/夢の尻尾▼第5話/白頭の龍▼第6話/邂逅▼第7話/狼煙の向こう▼第8話/新たな舞台▼第9話/恩讐の彼方●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。しかし何とか一命を取りとめ、現在は李龍と名乗る)、田鶴てい(押小路家の元奉公人で、龍と恋に落ちる。日本を代表する人気女優となり、満州で龍と再会、結婚した)●あらすじ/てい監督作品「狼争虎闘」の巡回上映班に加わった龍と曹徳豊は、満州国内を移動しながら秘宝を持ち去った鳳花の行方を追っていた。同じころ、満映の甘粕理事長は、龍の叔父・卓磨と財界の実力者・愛川を呼び出し、秘宝探しの資金援助を依頼する。甘粕は卓磨に、秘宝と押小路家の深い因縁を明かす……(第1話)。▼大連にある小鈴の料亭を訪れたてい。小鈴の息子・冬馬に龍の面影を見るていに「龍が生きていれば、ていの映画を目にするかもしれない」と言う小鈴。その時、ていは龍が生きていると素直に口に出すことができない。一方、甘粕理事長から龍が中国人・李龍として生きていることを聞かされた卓磨は……(第2話)。●本巻の特徴/龍と鳳花。双子が再会する時、新たな血が流される!? 一方、龍の生存が卓磨・小鈴の間に波紋を引き起こす……!?●その他の登場人物/甘粕正彦(満州映画教会理事長にして、満州国最高の実力者)、押小路卓磨(龍の叔父。押小路財閥の実権を握る)、小鈴(元・祇園の芸妓で現在は卓磨の妾)

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading