手の記憶(1)

あらすじ

▼第1話/手の記憶▼第2話/裏切り▼第3話/土下座▼第4話/大典前夜▼第5話/密告▼第6話/小面▼第7話/狂気対侠気▼第8話/模範試合▼第9話/イルボニン ●登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。武道専門学校の一年生)、小鈴(龍の幼なじみ。祇園の舞妓。現在は龍の叔父・押小路卓磨の妾)、田鶴てい(東北出身の下働きの娘)、 ●あらすじ/武専生は即位礼=御大典の警護に当たることになった。剣道科の龍たちは、素手でも戦えるようにと柔道科に稽古を付けられる。だが、柔道科には、龍を異常に敵視する百鬼と言う男がいた(第1話)。▼田鶴ていは押小路の屋敷で下働きをすることになった。押小路の家で酒を飲んだ帰り、黒川は他校の学生とケンカをしてしまう。翌日、百鬼は黒川に、「押小路家のスパイをすれば、ばらさないでやる」と言う(第2話)。 ●その他の登場キャラクター/石川雄大、黒川勇、高階寅夫、百鬼、田鶴てい(第1話)、スション(第3話)、杉町(第4話)、木村崇、特高課長・日影(第5話)、内藤高治(第6話)

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading