同胞

あらすじ

▼第1話/同胞▼第2話/結婚▼第3話/連行▼第4話/助命▼第5話/処刑▼第6話/逆恨み▼第7話/奸計▼第8話/宝座▼第9話/旅立ち ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。一切の記憶を失って、現在は李龍と名乗る)、てい(押小路家の元奉公人で、龍と恋に落ちる。現在は日本を代表する人気女優) ●あらすじ/1939年秋、上海の地で遂に再会した龍とてい。同時に、龍は失っていた記憶を取り戻すが、日本へ戻らず中国で生きていくことを心に決める。そんなある日、ていのもとへ、満州映画協会からスカウトの話が舞い込む。その話を固辞するていに向かって、龍は結婚しようと告げる…(第1話)。▼同じ年の12月、龍とていは結婚し、長きに渡った想いがようやく成就する。兄弟分の沈鷹(チェンイン)の協力もあって、結婚式は盛大に催された。その最中、龍のもとへある贈り物が届く。その送り主は、、血生臭い抗争の渦中にその身を置いていた蘋玉(ピンユー)だった…(第2話)。 ●本巻の特徴/龍とていが上海の地で遂に結婚!! その想いがようやく結ばれる。また、謎だった龍の出生の秘密が、ついに明らかに!?

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading