テロ

あらすじ

▼第1話/テロ▼第2話/花招▼第3話/花恋▼第4話/退院▼第5話/決意▼第6話/天蟾舞台▼第7話/銃撃戦▼第8話/想いひとつに▼第9話/76号へ ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。父・一磨殺害の嫌疑をかけられ、国外逃亡を企てるも上海沖で遭難。一切の記憶を失って中国・淅江省の村で生まれ育った少年。名付け親は魯迅) ●あらすじ/1939年の上海。そこでは、日増しに激化する抗日テロ活動と、対・抗日テロ機関との死闘が演じられていた。龍は、同じ上海ギャングの幹部・沈鷹(チェンイン)に、市民を巻き込むテロ活動には、反対の旨を告げる。と、その時、龍と沈鷹は路上で突然の襲撃を受ける……!!(第1話)▼久々に実家に戻った蘋玉(ピンユー)は、父親が浮気している証拠を母親に見せる。父親の浮気相手の暗殺を母親に提案するが猛烈に反対され、さらには「あなたは人を本当に愛するということが分かってない」と諭される。ある日、藍衣社のスパイとして日本人倶楽部のパーティに出席した蘋玉(ピンユー)は、会場で来客の一人からていと見間違われる……(第2話)。 ●本巻の特徴/愛し合うも離れてしまった龍とていが、蘋玉(ピンユー)の手引きによって異国・上海の地にて遂に再会! しかしその裏には、多くの陰謀が……!!

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading