切れる剣

あらすじ

▼第1話/切れる剣▼第2話/過去と秘密▼第3話/パンドラの匣▼第4話/危険分子!?▼第5話/帰京の夜▼第6話/父、息子▼第7話/時代の壁▼第8話/タイアップ ●登場人物/押小路龍(押小路男爵の長男。押小路財閥の総師代行)、鳳花(京劇の花形役者)、押小路一磨(龍の父。押小路財閥当主)、田鶴てい(女優。龍の婚約者)、曹徳豊(中国からの留学生。龍の弟子)、轟徹太(元轟組跡取り。龍の弟子) ●あらすじ/鳳花のいた京劇の稽古場、科班(コオパン)を鳳花と共に見学に来た龍。その苛酷な稽古ぶりに、龍は思わず息を飲む。鳳花は、一座の花形役者、世芳に剣の立ち回りの相手を申し出る(第1話)。▼鳳花は世芳との立ち回りの中で、自身の過去を思い出していた。鳳花の冷酷なまでに鋭い剣さばきに怯え切ってしまった世芳に、鳳花は役者の道を優しく諭す。そんな鳳花を見て、龍はある決意を固める(第2話)。▼龍は墓守りの張の手引きで、龍の母・高瀬紅子(趙紅華)に関係あると思われる人物の邸宅に出向く。菊齢、蓮齢、蘭齢の3人の老女により、紅子の過去が明らかになる……(第3話。) ●本巻の特徴/龍は、日中友好のために中国の京劇団の訪日公演を実現させるべく、孤軍奮闘する。その一方で、龍は母・紅子に何か重大な秘密が隠されているのではないかと感じ始める。

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading