第120回 火照(ほて)る

あらすじ

▼第120話/火照る▼第121話/馬鹿▼第123話/距離▼第124話/縁▼第125話/保身▼第126話/交わり▼第127話/家族計画▼第128話/親心▼第129話/後悔先に立たず▼第130話/下衆の勘繰り ●登場人物/村上直樹(東京大学文科・類1年生)、水野遙(東京大学文科・類2年生) ●あらすじ/公園で絵を描いていた遙は、河野に偶然会い、短いが楽しいひとときを過ごした。河野が去った後、遙は犬を撮影している男・山崎に出会う。(第120話)由貴は、自宅のマンションで、いらいらしながらある男を待っていた。その男は、妻子持ちだった。由貴は、理論的で、家庭は家庭、恋愛は恋愛と割り切り、思い通りにならないその男を見返してやりたいと思いつつ、のめり込んでもいる(第121話)。 ●本巻の特徴/第12巻では、由貴の恋愛や、遥と山崎の出会い、村上と真紀の別れを中心に描いている。また、この巻で遥は河野につきあってくれと告白されている。さらに、由貴の不倫相手の家で、家庭教師のアルバイトを始める。 ●その他の主な登場キャラクタ-/河野(第120回)、山崎(第120回)、池之幡由貴(第121回)、ひろし&まどかの父(第121回)、野中瞳(第122回)、山崎の祖父(第124回)、小泉真紀(第125回)、鈴木英里(第130回)

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading