からくり~男 第6幕 生命の水

あらすじ

▼第1話/からくり~男 第6幕 生命の水▼第2話/同 第7幕 「しろがね」になった者▼第3話/同 第8幕 吸血機械群▼第4話/同 第9幕 戦う男▼第5話/同 第10幕 風と光▼第6話/同 第11幕 フラーヴィオとの戦い▼第7話/同 第12幕 悲鳴▼第8話/同 第13幕 血▼第9話/同 第14幕 一時閉幕▼第10話/からくり~歯車 第1幕 しろがねの村 ●登場人物/加藤鳴海(人を笑わせないと死ぬゾナハ病に苦しみながらも、勝を守るために戦う中国武術の使い手)、才賀勝(遺産相続絡みで命を狙われている少年)、ギイ(鳴海を助けた機巧(からくり)を操る男) ●あらすじ/勝を守るための戦いによって左手を失い失血による瀕死の重体を負った鳴海は、ギイという男によって助けられる。しかし、記憶障害を起こし、勝のことを忘れてしまっていた。自分がなぜそこまでの重傷を負ったのか、何故助けられたのかとギイに詰め寄る鳴海。ギイは自分が自動人形(オートマーター)と戦う“しろがね“であること、鳴海が助かったのは生命の水を与えたためであることを告げる。生命の水とは何百年もの昔、錬金術師によって作られた万病を治し、無機物に生命を与える霊水だという(第1話)。

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading