からくりサーカス 36巻

あらすじ

“【機械仕掛の神(デウスエクスマキナ)】▼第13幕/一時閉幕、ひき続きアメリカへ▼第14幕/生方法安の回想▼第15幕/再びゾナハ病棟へ▼第16幕/ジョージVSバス・ナッシュ▼第17幕/ギイの意志▼第18幕/ギイVSクピディアー▼第19幕/ミンシアVSギャンブラー・ジョーンズ(1)▼第20幕/ミンシアVSギャンブラー・ジョーンズ(2)▼第21幕/地下にて▼第22幕/危機迫る●主な登場人物/才賀勝(フェイスレスから、しろがね[=エレオノール]を取り戻すため戦う小学6年生)、加藤鳴海(中国拳法の達人。人形破壊者¥““しろがね¥““の一員として、自動人形[オートマータ]を追い続ける)、しろがね(=エレオノール。勝を守ることで自己の存在を維持している)●あらすじ/ゾナハ病を解毒するしろがねの血を飲んで回復した平馬。勝は事態を説明すると、一人では危険だと平馬が引き止めるのも聞かず、しろがねを取り戻すため、フェイスレスを追う!! 一方、アメリカ・イリノイ州では、必死で逃げる一人の少年の姿が…(機械仕掛の神・第13幕)。●本巻の特徴/突然フウに召集された鳴海、ミンシア、法安。そこで待っていたギイ、ジョージ、阿紫花英良と共に、ゾナハ病の病原体を退ける唯一の機械を守るため、レイ疫病研究所へ赴くことに!! 待ちかまえていた自動人形の大群に対し、二手に分かれて応戦するが…!?●その他の登場人物/フェイスレス(この物語の因縁の元凶・白金[パイジン]の生まれ変わり。全世界にゾナハ病を振りまいた黒幕)、ギイ(¥““しろがね¥““の一人。かつてエレオノールに人形繰りを教えた)、ミンシア(鳴海の拳法師匠の娘。拳法家であり女優でもある)、生方法安(仲町サーカスの道具方)、ジョージ(強化人間¥““しろがね-O¥““の生き残り。沈着冷静)、阿紫花英良(黒賀村出身の人形使いで、殺し屋)、フウ(元しろがね。世界的企業「フウ・インダストリー」の総帥)“

この巻の収録話

  1. 359話
    機械仕掛の神~ 第13幕 一時閉幕、ひき続きアメリカへ
    42pt
  2. 360話
    機械仕掛の神~ 第14幕 生方法安の回想
    42pt
  3. 361話
    機械仕掛の神~ 第15幕 再びゾナハ病棟へ
    42pt
  4. 362話
    機械仕掛の神~ 第16幕 ジョージVSバス・ナッシュ
    42pt
  5. 363話
    機械仕掛の神~ 第17幕 ギイの意志
    42pt
  6. 364話
    機械仕掛の神~ 第18幕 ギイVSクピディアー
    42pt
  7. 365話
    機械仕掛の神~ 第19幕 ミンシアVSギャンブラー・ジョーンズ1
    42pt
  8. 366話
    機械仕掛の神~ 第20幕 ミンシアVSギャンブラー・ジョーンズ2
    42pt
  9. 367話
    機械仕掛の神~ 第21幕 地下にて
    42pt
  10. 368話
    機械仕掛の神~ 第22幕 危機迫る
    42pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>

関連記事