風螢(一)

あらすじ

夕顔の忘れ形見・玉鬘。不思議な縁でめぐりあった聡明で美しい姫君を光源氏は六条院に迎え入れ、父親がわりの後見人となる。やがて押し寄せる貴公子たちの恋文。光源氏もついに慕情を抑えられず、玉鬘に恋の告白をする。 髭黒大将らの求婚者、入内を望む冷泉帝、そして実父・内大臣の政治的思惑にも引きずられ、玉鬘の心は乱れていた。

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading