第七十七手/幻の傑作

あらすじ

▼第1話/幻の傑作▼第2話/穴熊▼第3話/悪手▼第4話/生還▼第5話/入魂▼第6話/絶命▼第7話/哀悼▼第8話/手相▼第9話/封じ手▼第10話/仮面棋士▼第11話/真剣 ●登場人物/氷室将介(現在四段のプロ棋士)、滝川幸治(プロ棋士・実力名人制第5代名人) ●あらすじ/自分の戦法を将介に見破られた大原だが、それでも次ぎの手を指すべく右手を駒へ進めた。大原は震えだした右手を左手でつかんだが、そこに脈を感じることができなかった。そこへ、大原の孫が現われる。生きたいと強く願った大原は、戦法を変え、将棋を指し続けることを選んだ(第1話)。▼突然、おだやかな表情で将棋を楽しみだした大原の豹変ぶりに周囲はうろたえる。一方、将介は祖父御神三吉の得意戦法で大原に挑むが、そのとき大原の目から盤上の駒が消えた(第2話)。 ●本巻の特徴/大原との死闘を終え、待ちに待った滝川との対局が、突然中止になり、将介が記者会見場で大暴れする。一方、将介と対局したいがために、おかめの面をかぶって将棋会館に乗り込む滝川が描かれている。また、御神三吉の唯一の弟子、丸亀が登場している(第11話)。 ●その他の登場キャラクター/大原巌(第1話)、丸亀(第11話) ●その他のデータ/巻末名人録・月下棋人の譜八「坂田三吉」(三吉伝説までも作られたが、名人になることなくこの世を去った将棋の大天才)、穴熊(御神三吉が得意とした守りの戦法/第2話)

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading