月下の棋士 15巻

あらすじ

▼第1話/欠陥▼第2話/群衆▼第3話/角落ち▼第4話/ひとり▼第5話/籠城▼第6話/モンスター▼第7話/愚行▼第8話/宇宙だ▼第9話/涙?▼第10話/信じろ▼第11話/微熱 ●登場人物/氷室将介(プロ棋士・四段)、滝川幸次(プロ棋士・実力名人制第5代名人)、佐伯宗光(滝川の最年少記録を次々と塗り替えている天才少年棋士) ●あらすじ/「女がなんだ、友情がなんだ…、しょせん人間一人」といいながら将棋を指す将介に大和岬は、棋士として致命的な欠陥があると言い残し去っていく。その言葉が気になった将介は岬のアパートへ行くが、岬から別れを言い渡される。その帰り、鈴本が道路工事の誘導のアルバイトをしているのをみつける(第1話)。▼久しぶりにあった鈴本は、将介は佐伯宗光に勝てない、強いものが勝つのだと言う。将介は佐伯に負けたくなかった。いままで、これほどまでに負けたくないと思ったことはかつてないほどに。一方、鈴本は佐伯を人間として成長させるべく、今日も佐伯とランニングしていた(第2話)。 ●本巻の特徴/鈴本、岬と、周りから人が去っていき、窮地に追い込まれる将介。将介が佐伯との勝負を通して強靱な精神力を養えるように自分の心を鬼にする鈴本の期待に将介は答えることができるのか。佐伯との勝負は始まったばかりだ。 ●その他の登場キャラクター/大和岬(第1話)、鈴本永吉(第1話) ●その他のデータ/巻末名人録・月下棋人の譜十五「木村義雄」(近代将棋術の父といわれる実力名人制の第1期名人)

この巻の収録話

  1. 155話
    第百五十四手/欠陥
    50pt
  2. 156話
    第百五十五手/群衆
    50pt
  3. 157話
    第百五十六手/角落ち
    50pt
  4. 158話
    第百五十七手/ひとり
    50pt
  5. 159話
    第百五十八手/籠城
    50pt
  6. 160話
    第百五十九手/モンスター
    50pt
  7. 161話
    第百六十手/愚行
    50pt
  8. 162話
    第百六十一手/宇宙だ
    50pt
  9. 163話
    第百六十二手/涙?
    50pt
  10. 164話
    第百六十三手/信じろ
    50pt
  11. 165話
    第百六十四手/微熱
    50pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>