100億の男 8巻

あらすじ

▼第1話/それぞれの決意▼第2話/密談▼第3話/再出発▼第4話/社長就任!!▼第5話/社長の器▼第6話/アメリカへ!▼第7話/門前払い▼第8話/アメリカという国▼第9話/日本人嫌い▼第10話/因果▼第11話/籠絡(ろうらく) ●登場人物/富沢琢矢(母親の保証人になったために100億の借金を背負い、久我山天善に自身の人生を売る)、久我山天善(久我山グル-プ会長。財界の大物)、久我山沙貴(久我山天善の娘。カミジョウコ-ポレ-ション常務)、上条和明(カミジョウコ-ポレ-ション社長。久我山グル-プ乗っ取りを狙う) ●あらすじ/カミジョウコ-ポレ-ション社長・上条和明の久我山グル-プの株の買い占めは、赤坂ショッピングセンタ-の物流を担当する重要な位置を占める、ヤグミ興産にまで及んだ。だが琢矢がヤグミ買収を阻止、彼はその後再び警察に出頭した。このことを知った上条は、贈収賄や自殺を仕組んだことがばれてしまうことを恐れ、琢矢との全面対決を決意する(第1話)。▼ある夜、久我山天善は、浦山首相と密談をしていた。天善が持ち出した話は、ロシアの核廃棄物の海洋投棄に関するものだった。ロシア政府は、核廃棄物処理施設建設に日本が援助をしない場合、高濃度核廃棄物を日本海に投与するという。天善は、処理施設建設にビジネスとして投資する気がある、と浦山に告げた(第2話)。 ●本巻の特徴/第8巻では、琢矢の贈収賄容疑は不起訴処分になり、さらにヤグミ興産の社長に就任する。そこでの初仕事は、アメリカのガラスメ-カ-・ウェルネス社の乗っ取りだった。そこが研究開発をしている自動空調ガラス、「ブレ-ス」の独占販売権を得手、板ガラス産業に切り込みを入れるためだ。琢矢は、商談のためにアメリカへむかうが、そこには上条と沙貴も同じ目的でやって来ていた。 ●その他の登場キャラクタ-/美村奈緒子(第1、3話)、ショ-ケン(第1、3話)、篠田冴子(第4話)、岸和田専務(第4~6話)、永野(第5、6、8話)、ジョン (第6~8、10、11話)、レイチェル(第7~11話)、エリック(第8、10、11話)

この巻の収録話

  1. 078話
    index.78 それぞれの決意
    50pt
  2. 079話
    index.79 密談
    50pt
  3. 080話
    index.80 再出発
    50pt
  4. 081話
    index.81 社長就任!!
    50pt
  5. 082話
    index.82 社長の器
    50pt
  6. 083話
    index.83 アメリカへ!
    50pt
  7. 084話
    index.84 門前払い
    50pt
  8. 085話
    index.85 アメリカという国
    50pt
  9. 086話
    index.86 日本人嫌い
    50pt
  10. 087話
    index.87 因果
    50pt
  11. 088話
    index.88 籠絡
    50pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>