inning73. 土壇場のねばり

あらすじ

▼第1話/土壇場のねばり▼第2話/起死回生!?▼第3話/ファインプレー▼第4話/我慢比べ▼第5話/エースvs.エース▼第6話/いつか…甲子園▼第7話/弱気の虫▼第8話/滝山の影▼第9話/再びのマウンド▼第10話/先取点を奪え!!▼第11話/思わぬ展開 ●登場人物/喜多条(朝霧学園高校の鬼監督。かつての甲子園優勝投手)、江崎(朝霧高のエース。寡黙だが熱い闘志を内に秘めている)、加納(朝霧高のキャプテン) ●あらすじ/3回戦、境工と対戦した朝霧高は苦戦を強いられ、7回を終えて2点のリードを許していた。なかなか点が取れない試合展開に、選手の力を信じていた喜多条も焦り始める(第1話)。▼土壇場の9回裏、1死1、3塁と同点のチャンスでバッターボックスに向かう江崎。しかし、勝ちにこだわる境工はサヨナラ覚悟で敬遠策をとる(第2話)。 ●本巻の特徴/延長戦、江崎を迎えた境工のピッチャーは、己の力を信じて勝負に出る(第5話)。地区予選も終盤に入り、連投の続く江崎を休ませるため、喜多条は先発加納という奇策をとる(第9話)。本巻では一発勝負の高校野球ならではの面白みが描かれている。

独自の仕組みで巻と一致させているため、該当する巻が異なる場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

>

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading