女帝花舞~京ふたりのレビューと感想

女帝花舞~京ふたり
  • タップ
  • スクロール
レビューを書く
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全40件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 評価:5.000 5.0

    康平目線でいい

    ネタバレありのレビューです。表示する

    女帝から始まり、このシリーズを見ています。これまで彩香、その娘明日香が主人公でしたが、今回は、明日香のパートナーである康平目線で面白いなと思いながら読んでます。
    このシリーズは長編ではありますが、読みごたえがあり、ストーリーもしっかりしていてハマります。続きが気になります。結末は、わかるけど、どんな展開で行くのか楽しみです。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望

    ネタバレありのレビューです。表示する

    女帝からの女帝花舞からの京2人、2話無料から読み出しました。今回は主人公が康平目線での物語ですが、切なく感じる物があるなぁと、しみじみ…倉科先生の作品は、どれも引き込まれてくので、まだ女帝花舞が途中で同時に読みたいと思います。どちらも楽しみです

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望

    ネタバレありのレビューです。表示する

    女帝シリーズ好きです。女帝花舞の続きの話ですね。最初にこちらを読んでしまいました。女帝花舞から読んだ方が、話が続いていて分かりやすかったかも。女帝シリーズは長編ですが、こちらは比較的短くて読みやすいです。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望

    ネタバレありのレビューです。表示する

    女帝の娘の物語なので続編みたいな感じです。

    蛙の子は蛙です。娘は花柳界で大輪の花を咲かせることとなります。

    そして、もう一人忘れてはならない男の子のお話でもあります。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望

    ネタバレありのレビューです。表示する

    女帝の娘、明日香と康平のお話。後輩目線です。康平のピュアさ、真っ直ぐさに心打たれます。明日香もその気持ちに応えるんだけど、かなり上から目線。一気に読みました!

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  6. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望
    元祖女帝の娘の話

    ネタバレありのレビューです。表示する

    女帝あやかの娘あすかが京都で芸妓になるお話。
    わたしは元祖が一番好きですが、娘のお話も母以上に波瀾万丈です。
    女帝好きの方必見です。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  7. 評価:4.000 4.0

    なんだろう

    ネタバレありのレビューです。表示する

    男性の方にあまり魅力を感じませんでした。もうひとつの話と少しかぶっている感じですね。微妙に違うバージョンなのかな?

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  8. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望

    ネタバレありのレビューです。表示する

    あれ?似た話がありましたよね。女帝の続編?まだまだ続きそうですね。
    女帝シリーズ結構好きです。絵は古いけど

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  9. 評価:2.000 2.0

    無料の2話だけ読みました。

    まだ本編の花舞を読んでいる途中ですが、
    ちょっと飽きてきたので
    (ずっとヤクザの抗争ばっかりで
    エラの張ったおっさんしか登場せず…)
    関連作品として表示された
    この作品を読んでみましたが、
    康平の顔、
    本編の最初ではもう少しジャニーズ系というか
    可愛いチャラい感じで描いてあったのに、
    本編の途中からの面長に絵柄が引っ張られたみたいで、
    面長の3枚目路線の顔になっているし、
    頭身も変だし、
    作画がどんどん自分の好みから
    外れていることもあり、
    たぶんこれ以上読むことはない気がします。

    このレビューへの投票はまだありません

  10. 評価:3.000 3.0

    続編ではないのね

    ネタバレありのレビューです。表示する

    女帝花舞の続編かと思い購入しましたら、そうではなかったんですね。絵のタッチが若干違う?目の書き方や男の人の輪郭やら、無造作なような。
    女帝花舞はかなり読み進めています。現在進行形です。お水の世界を子供ながら知り、女帝の母親を因縁に思う。そして意を決して10代で舞妓の世界に飛び込み、今までしたことのない家事にも励む。方言も違う。私は、すごい根性だな。と圧倒されつつ、主人公が女帝になる歴史をしっかり見たいと思います。

    このレビューへの投票はまだありません

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全40件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー