朱い沓の花嫁のレビューと感想

朱い沓の花嫁
  • タップ
  • スクロール
レビューを書く
ネタバレあり:全ての評価 1 - 10件目/全12件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
Loading 読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※ネタバレありのレビューが表示されています

ネタバレ無しのレビューを見る
  1. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望

    朱い沓のお話だけ読みました。欲にくらむと大事な物を見失ってしまうことがよく分かりました。主人公は最後の最後に気付くことができてよかった。でも足を…それもすごいなと思いました。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 評価:4.000 4.0

    流石の真実さん

    作者らしい、筆力とstoryの力。
    「金瓶梅」等を読んだあとだと、小品という感じだけれども、それぞれの登場人物の価値観がきちんと呈示されていて、そこは流石の竹崎ワールドだなと。
    足をちょんぎるとか、やはり中華ものの残酷世界に慣れた真実さんらしい。それとも原作か原案あるのかな?欧州だと、足をちょんぎる事になったら、悲劇的結末だけど。足はなくなったけど幸せです❤️なんて。東洋はたくましい!

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望
    無料分だけ読みました

    無料分だけ読みました。
    なんとなく絵とタイトルに惹かれました。
    この作者さんの他の作品も読みましたが、絵が好みです。
    綺麗だし、感情が伝わってくる絵。
    いい意味で昭和感があって私は好きです。
    好みは分かれると思いますが。
    朱い沓のお話自体はただの怖い話で終わらず、足は無くしたけど優しい夫と暮らすことができて結果、幸せになれて良かったと思います。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望
    こわい

    赤い靴、こわすぎます。子どもに読んだ童話にもにたような設定があり、それはヨーロッパが舞台なんですが。
    あと、「赤い靴はいてた女の子異人さんにつれられていっちゃった」なんて歌をむかし聞かされてふるえ上がった記憶があります。
    赤い靴とは、なぜこうもこわい存在なのだろうか?ととてもきにはなりました!
    赤い靴以外にも、色々なストーリーがあり楽しめます!

    このレビューへの投票はまだありません

  5. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望
    童話がモチーフ?

    アンデルセンの「赤い靴」をベースにしているのかと思いました。

    欲望には負けずに地に足のついた生き方が幸せということなのでしょうが、莉莉もカーレンも貧しい少女時代を過ごし、きれいな靴に魅せられるのは無理もないことではないかと同情します。

    このレビューへの投票はまだありません

  6. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望
    赤い靴

    子どものときに読んだ赤い靴とは違って
    ちょっと怖いかんじ。足はなくなったけど幸せになったみたいでよかった。1話分しか読んでないですが主人公が可愛くてよかった

    このレビューへの投票はまだありません

  7. 評価:1.000 1.0

    めっちゃ怖い

    赤いくつって怖い話ばっかりなのかな?歌のも怖いし。旦那さんも怖いし。自分の足をナタでいっちゃうかな?車椅子あるとかいつの時代だよ

    このレビューへの投票はまだありません

  8. 評価:2.000 2.0

    by 匿名希望
    よくある

    よくある話だから、面白いとは言わないけど、短く読めていいかな、という感じです。 でも、短いぶん雑な作りで、なぜそうなったのか、想像するような場面が足りない感じがしました。

    このレビューへの投票はまだありません

  9. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望

    靴が脱げなくて自ら足を切断するなんてすごく残酷。
    車椅子生活を余儀なくされるが
    いちおハッピーエンドなのはよかった。

    このレビューへの投票はまだありません

  10. 評価:3.000 3.0

    by 匿名希望
    おもしろい

    この作者さんの話は安定して読みやすい。ちょっと考えさせられる内容でした。
    絵も読みやすいし安定感です。

    このレビューへの投票はまだありません

ネタバレあり:全ての評価 1 - 10件目/全12件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー