女帝花舞 18巻

あらすじ

明日香と初めて愛し合った後、武士は金沢へ行った。先斗町で、亀田、鈴木、板東が顔を合わせて、提携の密談をする。座敷には三千歳がいた。ちょうど三千歳を訪ねてきていた明日香が、それを目撃する。しかし明日香に尋ねられた三千歳は、上手くはぐらかした。もう覚醒剤まで打たれて、板東の意のままになっているのだ。組に戻った武士は、賭場の摘発は情報を流しているスパイが居るためだと目星をつけた。誰が組を裏切っているのか? 一方康平には、舞妓の豆千代が惚れていた。裏切り者は、若い頃から武士の面倒を見てきた、若頭の久保田だった。武

この作品のシリーズ一覧(6件)

この巻の収録話

  1. 159話
    第18巻 第1話 抱擁-1
    61pt
  2. 160話
    第18巻 第2話 目撃-1
    61pt
  3. 161話
    第18巻 第3話 再興-1
    61pt
  4. 162話
    第18巻 第4話 借問-1
    61pt
  5. 163話
    第18巻 第5話 難敵-1
    61pt
  6. 164話
    第18巻 第6話 再開-1
    61pt
  7. 165話
    第18巻 第7話 一夜-1
    61pt
  8. 166話
    第18巻 第8話 凶兆-1
    61pt
  9. 167話
    第18巻 第9話 揺曳-1
    62pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>