【ネタバレあり】女帝花舞のレビューと感想

女帝花舞のレビューと感想

レビューを書く
ネタバレあり:全ての評価 1 - 10件目/全13件

※ネタバレありのレビューが表示されています

ネタバレ無しのレビューを見る
  1. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望
    何度目かわかりません

    「女帝」が大好きでなんども読みましたが、こちらの作品も実はなんども読んだことがある…にも関わらずまた読んでしまいました。そのくらいおもしろいのです。冒頭の舌を噛み切るのは現実味に欠けますが…あんなに舌無くなったら普通に喋れないだろ!

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 評価:5.000 5.0

    ひきこまれる作品

    女帝の娘として産まれての葛藤。二部作として面白く読みました。花街のルールとか、言動、女の意地、世界観が好きです。

    3人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 評価:5.000 5.0

    女帝に続き

    こちらも大好きな作品。
    京都や芸舞妓が好きなこともあり、楽しく読めました。
    私も頑張ろうと思える作品です。
    政治的な事で始めて知ることもあり、勉強になりました。

    3人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 評価:2.000 2.0

    by 匿名希望

    表紙の女性がとてもインパクトが強くて、普段であれば手に取らないようなタイプの漫画でした
    内容も怖い…
    いきなり舌をかむなんて、やりすぎではないかと思わずにはいられませんでした
    ただそれだけの強い思いがあるのかな、だとしたら興味深くもありますが、無料というところで手に取っただけあって、続きに手を出すには少しハードルが…

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  5. 評価:3.000 3.0

    11巻まで読みました。

    親世代の話の焼き直し感もありますが、
    祇園の花街や京都の行事などに興味があり
    引き込まれます。

    少女の身体つきと成人女性の身体のつきの
    違いを描き分けられていて
    絵も安定してうまいなぁと感じます。

    それにしても、冒頭で舌を噛み切られた
    康平くんが祇園の料亭で修行するのに
    支障ないのか、
    ずっと平気そうにしていて登場するたびに
    気になっています。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  6. 評価:4.000 4.0

    名作女帝の続編

    名作である「女帝」の続編です。
    前作の主人公の彩香は、銀座のクラブのママとなり「女帝」と呼ばれました、その娘である本作の主人公は、母とは違う道である京都の祇園で舞妓となります。そこからは似たようなテイストのストーリー展開となり、懐かしい登場人物も入り乱れます。ややマンネリ感がありますが、この手の話の好きな人にはお勧めです。

    このレビューへの投票はまだありません

  7. 評価:4.000 4.0

    by SHiGiN

    途中からアシスタントさん変わったのかな?ってくらい絵が変わってしまって脳内補完しながら読みましたが、前作女帝の人物たちのその後が読めて楽しめました。

    このレビューへの投票はまだありません

  8. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望
    女帝の続話

    女帝のファンでまだ最後まで読めてないですが、絢香の子供が京都の舞妓さんになって、母と同じ道を歩んで行くサクセスストーリーみたいで、こちらも読んでみたいです。
    劇画タッチの絵も好きです。

    このレビューへの投票はまだありません

  9. 評価:5.000 5.0

    面白い

    前作の女帝をみて、この作品にたどりつきました。長編ではありますが、祇園の女帝になっていく様が色んなエピソードとともに描かれていて、続きが気になります。

    このレビューへの投票はまだありません

  10. 評価:5.000 5.0

    おすすめ

    この水商売でのり上がるシリーズはおすすめです(=^ェ^=)女の闘い、男とのじれったい恋もようにわくわくしました❗

    このレビューへの投票はまだありません

ネタバレあり:全ての評価 1 - 10件目/全13件