アカギのレビューと感想

レビューを書く
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全40件

※このページはネタバレ非表示のページです

ネタバレありのレビューを見る
  1. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望
    ネタバレあり

    ネタバレありのレビューです。表示する

    「カイジ」でよく知られる福本先生の作品

    内容は麻雀好きなら勿論、麻雀を知らなくても楽しめる内容になっています
    「天 天和通りの快男児」に登場する赤木しげるの若き頃を描いたスピンオフ作品で、1992年連載開始から今現在も連載中


    ここまで読んで「?」と感じたと思いますが、つまり連載が23年続いています
    前半の展開は比較的さくさくと進んでいくのですが、問題は「鷲巣麻雀編」で、劇中では一夜の出来事がすでに15年以上…しかも途中麻雀から脱線したりします(賛否両論)
    一回の配牌に数話かけることも

    福本先生曰わく、鷲巣麻雀編終了後も続けるそうなので、完結を読むことができるのはいつになるかは…
    完結していない(するかわからない)ことを除けばおすすめの作品です



    ちなみにアカギを読んで「鷲巣様」に興味や好感を持った方は、天のスピンオフのアカギ…のさらにスピンオフで鷲巣様の若き頃を描いた(作者は別人)漫画もあるので是非検索してみてください

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 評価:5.000 5.0

    by roka
    本当のギャンブル

    本来はタイプの顔じゃないのに、付き合ってしばらくしたら、可愛くて仕方がなくなる、なんてこと、ありますよね。
    何が言いたいのかというと、福本氏の「絵」
    が、その現象と似ている、ということである。

    でもそれは、漫画の世界では、かなりのハンデ戦だ。
    まことに失礼なことを言うが、少なくとも絵を見て「読みたい」と感じさせる漫画では全くないと思う。
    漫画は、雑に言えば、絵と文字だ。
    その絵に、魅力がない。
    正確には、この絵に魅力を感じるのは、読んで、この世界に引き込まれた後の話であり、入り口での魅力ではない。
    そういう「飛車角落ち」のような勝負を漫画という賭場で仕掛け、それに勝利した福本氏は、本当に凄いと思う。

    「そんなギャンブル、ありかよ」と作品の中で何度も感嘆したが、一番のギャンブルは、福本氏が「漫画」を選択したという、その事実ではなかろうか。

    1人の方が「参考になった」と投票しています

  3. 迷わず読むべし!

    福本伸行麻雀マンガの最高峰!考えられない奇策と頭脳とテクニックでいくつもの死戦を勝ち抜いていくアカギ。福本伸行の頭のなかはいったいどうなってるんだと感銘すらおぼえる心理戦。男なら迷わず読むべし!

    12人の方が「参考になった」と投票しています

  4. 評価:4.000 4.0

    大好き

    巡り巡って裏社会で生きることになった青年のお話ではありますが、カイジのように流されてという感じではないので、こっちの方が好きという方も多いはず。
    大人の汚い部分や裏社会の暗黙のルール。奇人変人の中で繰り広げられる常軌を逸した賭け事に、アカギは持ち前の強運と度胸で相手を負かして行く話。
    アカギも変人ですが、漢を感じる潔さと運を引っ張り込む心の強さにキュンとしてしまいます。

    このレビューへの投票はまだありません

  5. 評価:5.000 5.0

    こんな絵なのに、かっこいい・・・。

    福本伸行先生の大ファンという前提でのレビューです。
    福本先生の独特の絵柄、今ではやみつきです。口を開けた絵は、絶対に人間にはそんなに歯は生えてないでしょと言いたくなります。鼻やアゴにも物申したくなることがあります。
    それにも増して、アカギの名言やクールさにやられます。
    麻雀がわからなくても、ものすごく面白いです。

    このレビューへの投票はまだありません

  6. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望

    ネタバレありのレビューです。表示する

    麻雀漫画を語るなら誰もが知る「 天 天和通りの快男児」の人気キャラクターのアカギが主人公となる漫画
    神域の男と呼ばれたアカギの人生と頂点に立つまでの勝負などが描いている。
    麻雀要素が全体の9割を占めていて、麻雀を知らないとあまり内容が分からないかもしれないが序盤のテンポはかなり良くてルールを知らなくても爽快感を味わえる

    このレビューへの投票はまだありません

  7. 評価:5.000 5.0

    最高

    麻雀漫画としては最高の部類に入る名作。
    鷲巣麻雀が後半になるとちょっとおかしな方向に向かっていくのが残念だが、差し引いてあまりある程の名作。
    麻雀をやる人は是非に。

    このレビューへの投票はまだありません

  8. 評価:5.000 5.0

    やっぱりカッコイイ

    登場の仕方は完全に中二病感があるけど、それすらも読者を惹き込ませる力があるというか。最初からカッコイイです。

    このレビューへの投票はまだありません

  9. 評価:5.000 5.0

    by 匿名希望
    作品と作者好き

    作品は、もちろん面白い!
    この作者には、外れがない!
    前に作者のインタビュー記事を読み、自分が、満たされ
    幸せだと良い作品が生まれないと
    おっしゃっていた、作品のために、幸せを手放すなんて、こんな漫画家、稀有である!

    このレビューへの投票はまだありません

  10. 評価:3.000 3.0

    いやいや

    一体何年じいさんと麻雀やってるんだ?作品
    面白くはありましたが間延びし過ぎ
    挙げ句鬼と対決とかもうね
    麻雀はどうした?

    このレビューへの投票はまだありません

全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全40件