[小説]非日常のあるところ。

  1. めちゃコミック
  2. 官能小説
  3. 特選小説
  4. [小説]非日常のあるところ。

あらすじ

日向薫子は30歳。誰もが振り向くほどの美人で、背がすらりと高くてスタイルも抜群だった。彼女は父が興した『日向不動産』の女性経営者。人生がつまらないと感じて仕方ない薫子の唯一の楽しみは、年に何度か、とある宿を利用し、男たちに嫌と言うほど凌辱され、人格が崩壊するほどの恥辱と屈辱にまみえることだった。薫子は真性のマゾヒストだったのだ。今回は3泊の予定。初日に招かれたのは、壁も天井も鏡張りの地下室だ。部屋の中央に置かれている大きなベッドに、下着姿で寝転がる薫子。媚薬を飲まされると「犯されたい」という願望が湧き上がった。60代の男にマッサージを受ける。肩、背中、腰、尻、腿……。ゆっくりと執拗に撫で回されて、身を震わせる薫子。ついにクリトリスを刺激され、淫らな声が抑えられない。革のベルトでベッドに張りつけにされ……。

巻数一覧/本編購入

  1. 上
    大石圭
    必要ポイント:100pt

    日向薫子は30歳。誰もが振り向くほどの美人で、背がすらりと高くてスタイルも抜群だった。彼女は父が興した『日向不動産』の女性経営者。人生がつまらないと感じて仕方ない薫子の唯一の楽しみは、年に何度か、とある宿を利用し、男たちに嫌と言うほど凌辱され、人格が崩壊するほどの恥辱と屈辱にまみえることだった。薫子は真性のマゾヒストだったのだ。今回は3泊の予定。初日に招かれたのは、壁も天井も鏡張りの地下室だ。部屋の中央に置かれている大きなベッドに、下着姿で寝転がる薫子。媚薬を飲まされると「犯されたい」という願望が湧き上がった。60代の男にマッサージを受ける。肩、背中、腰、尻、腿……。ゆっくりと執拗に撫で回されて、身を震わせる薫子。ついにクリトリスを刺激され、淫らな声が抑えられない。革のベルトでベッドに張りつけにされ……。

  2. 中
    大石圭
    必要ポイント:100pt

    日向薫子は30歳。誰もが振り向くほどの美人で、背がすらりと高くてスタイルも抜群だった。彼女は父が興した『日向不動産』の女性経営者。人生がつまらないと感じて仕方ない薫子の唯一の楽しみは、年に何度か、とある宿を利用し、男たちに嫌と言うほど凌辱され、人格が崩壊するほどの恥辱と屈辱にまみえることだった。薫子は真性のマゾヒストだったのだ。今回は3泊の予定。初日は鏡張りの部屋で凌辱された。2日目の舞台は洋室。全裸のまま、髪を丁寧に整え、入念に化粧し、派手なアクセサリーをつけた。すると、1人の男が部屋を訪ねてくる。有無を言わさずグロテスクな首輪を付けられると、四つん這いで廊下を歩かされた。ムチで叩かれ、女性スタッフに目撃され、屈辱を味わう薫子。さらに、別の男が加わり……。

  3. 下
    大石圭
    必要ポイント:100pt

    日向薫子は30歳。誰もが振り向くほどの美人で、背がすらりと高くてスタイルも抜群だった。彼女は父が興した『日向不動産』の女性経営者。人生がつまらないと感じて仕方ない薫子の唯一の楽しみは、年に何度か、とある宿を利用し、男たちに嫌と言うほど凌辱され、人格が崩壊するほどの恥辱と屈辱にまみえることだった。薫子は真性のマゾヒストだったのだ。今回は3泊の予定。初日は鏡張りの部屋で凌辱され、2日目は首輪を付けて廊下を四つん這いで歩かされてレイプされた。今日は3日目。自室の掃除中に図書館にいた際、別の女性が緊縛されて犯される様を盗み見して、言いようのない興奮を覚えた薫子。今度は自分のプレイのため、地下室に赴く。男2人が待ち受けていて、薫子は拘束される。両足を広げたうつぶせの状態で、宙吊りにされた。薫子は口、女性器、そしてアナルを犯され……。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

この小説へのレビューはまだありません。

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

オリジナル・独占先行

    Loading