ハッピー・オブ・ジ・エンド

  1. めちゃコミック
  2. BL漫画(ボーイズラブ)
  3. Qpa
  4. ハッピー・オブ・ジ・エンド

あらすじ

「おめでとう、生きてる」昼下がりのゴミ捨て場、見覚えのある男の声で目が覚めた。空腹で金もない千紘は新しい“家”探しに訪れた行きつけのバーでド好みの男・ケイトに目を奪われ声をかけると好感触。まさかのホテルに誘われ、いい雰囲気になったところで突然電マでボコボコに殴られたのが1日前――。全てを思い出すも、仲間を呼ぶケイトの様子を見て今度こそ殺されるかもしれないと思いつつ回収された先はアパートの一室。ケイトの目的はとある探し物で、自分が用無しだとわかるとあっさり「消えて」と言い放たれるが帰る“家”もない千紘で・・・。謎めいたどイケ傷害男×人生底辺ヒモカス男クソみたいな人生、愛に飢えたふたりの歪な協和音

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    ep.1(1)
    56pt
  3. 002話
    ep.1(2)
    56pt
  4. 003話
    ep.2(1)
    56pt
  5. 004話
    ep.2(2)
    56pt
  6. 005話
    ep.3(1)
    56pt
  7. 006話
    ep.3(2)
    56pt
  8. 007話
    ep.4(1)
    56pt
  9. 008話
    ep.4(2)
    56pt
  10. 009話
    ep.5(1)
    56pt
  11. 010話
    ep.5(2)
    56pt
/13話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    13人の方が「参考になった」と投票しています。

    重くシリアスだけど、深い余韻と読後感。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    『エスケープジャーニー』や『錆びた夜でも』シリーズ等の、おげれつたなか先生。
    絵もエロもセクシーですが(気持ちの伝わってくるエロが多い)、人物造形や言葉が秀逸で、毎回読み応えと余韻の深い作者さんだと思います。

    今回は、社会の底辺で生きる2人の男の物語なので、重くシリアスな作品だと思います。しかし台詞や独白、印象的なカットの数々など、胸が痛く抉られるようで、自分は涙が止まりませんでした。

    ただ、親や家族との酷薄な関わりが描かれおり、地雷な方はご注意を。また、少年への情交や痛いのが苦手な方も、お気をつけください。
    エロはさすが作者さんで、気持ちが伝わってくるしリアルで濃厚。修正も少なく、見応えありだと思います。


    ※以下、ネタバレ含みます。ご注意ください。


    高校時代の初恋の男に裏切られ捨てられ、クズで手癖の悪いヒモ崩れのプー・千尋(受け。表紙奥)と、裏社会の仕事をしている謎の美形・浩然(ハオレン。ケイト。攻め。表紙手前)が、腐れ縁から絆が深まり、一緒に生きていく人間ストーリー。

    「人生はチョコレートの箱だと思って開けたらゴミ箱だ。それでもゴミの中にチョコが混じってるかもしれないし、それが捨てられたチョコだとしても、俺は食べてしまう」
    …と、初めて浩然に抱かれた時に思う千尋は、元々一途で愛情を傾け尽くす男であり。

    浩然は(母親が密入国者なので、無戸籍かもしれない)、母親に棄てられてから身を売って生き延びた男で(ずっとネコでタチは千尋が初めてらしい)、千尋に本名を教えたり、千尋の元彼に苛立ったり…と、次第に絆が深まっていく様子は切なく温かい。

    しかし、ヤク中で浩然を覚えていない(或いは別人)母親の自死で、唯一母親に守られた記憶で生きてきた浩然は、千尋に連れ出されて未明の朝のボートに乗り「ふっ…楽しいね、すごく楽しい。もうこれ以上ない。…死にたい」と。(涙…)

    線路の上に横たわり「置いてってくれ。俺…ここで寝るから」と言う安らかな浩然に、「いろいろ考えんの面倒くせえよ」と一緒に横たわる千尋。
    結局死にきれず「お前のせいで、俺は期待してしまう」と泣く浩然に「俺のせいでいいから一緒にいてくれ」と抱きしめる千尋と、やっと「痛いよ…」と言えた浩然に、胸が熱くなりました…!

    愛情ストーリーであり、人間ドラマであり。映画を見終えたような、深い読後感と余韻がありました。

  2. 評価:5.000 5.0
    by VIP

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    やっぱ面白い!

    この方の作品全部読んでますが今回の話も心情丁寧で凄く話も奥深く面白い!天才!

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    すごくいい!

    作者さん買いです。内容が暗いのかな?とも思いますが、面白いところもあって良かったです。完結にはなってないので、続編があるといいなと、切に願います!

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    やっぱ天才

    ネタバレありのレビューです。表示する

    おげれつ先生はやっぱ天才だな。なんでこんな作品作れるんだろう?ちょっとダークで苦しいけど、二人に幸あれ!と、願うばかりです。

  5. 評価:5.000 5.0
    by さぎ

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    瞳の中の光

    ネタバレありのレビューです。表示する

    不条理な世の中に生きる2人の青年の話。
    ストーリーもキャラクターも絵も素晴らしい先生の素晴らしい作品を読めてよかった。

    特に、浩然の眼の描き方が印象深かったです。

    真っ黒の瞳
    2人が出会ったばかりの頃は瞳に光が入っておらず真っ暗。浩然が自身の感情に蓋をしていたのか、そもそも自分でも感情に気づいていなかったのか。毎日必死に生きながら、でもどこか虚無感を感じていたのか。そういう黒い瞳。千紘も、初めはその瞳のミステリアスさに惹かれたのかな。

    光の灯る瞳
    千紘と会ってから、ちらほらと瞳に光が入っているシーンが散りばめられてます。なんといっても、黒い瞳に不意に光の灯る作品中盤が私はお気に入りです。千紘がカメラを手にして喜ぶ場面や、プレゼントのネックレスに嬉しがる場面です。
    鼻で笑うようなガラクタだと思ったモノ、それを大切にする千紘の姿に浩然が心動かされる瞬間……感動しました。

    最後はもちろん二人していい表情で目に光が入っているのだけども。幸せになってほしいです。

すべてのレビューを見る(13件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading