フツウの親子

あらすじ

「あたし? うん、養子よ」――不妊治療に行き詰まる日々の中で、主人公・由香は、ふと”養子”という言葉を目にする。そのとき思い出したのは、自分を養子だと言っていた小学生時代の親友のことだった。特別養子縁組ってなに?養子と里子の違いは?養子を迎えるにはどうしたらいいの?などなど、養子を巡る情報を交えながら、温かに綴る家族ストーリー。 ■医療監修:東都文京病院 院長 杉本充弘先生 ■取材協力(敬称略):絆の会/竹野ゆり香/一般社団法人アクロスジャパン/公益財団法人日本財団 子どもたちに家庭をプロジェクト

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    小さな声
    無料
  3. 002話
    養子?
    無料
  4. 003話
    他人の子
    無料
  5. 004話
    久しぶり!
    無料
  6. 005話
    足元
    40pt
  7. 006話
    ふたりなら
    40pt
  8. 007話
    約束
    40pt

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    とっても良かったです

    めちゃめちゃ感動しました。若い人にもぜひ読んでみてほしい作品です。私は、妊活もしていなくて、養親でも養子でもなく、フツウに2児の母ですが、子どもができる前、この夫婦みたいにちゃんと2人で話し合ったかな?とか、考えさせられました。
    でも、とにかくこの夫婦や沙羅さんのお父さんお母さんみたいに明るく生きなきゃな!って思いました。
    この作品を自分のバイブルにしたくて、忘れたくなくて、こういう漫画サイト(?)に初めて登録しました。
    作品の無料分を読んで泣いて、続きを読むかどうかレビューを読んで泣いて、会員登録して続きを読んで泣いて…
    ティッシュが山のようにこんもりなっちゃいました。
    泣きすぎですか?そんな方いらっしゃいませんでした?
    作者の方、この作品を作ってくださった方々、ありがとうございました。
    めちゃめちゃオススメです^_^

  2. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    感動!素敵なお話

    病院の監修なのもあるのかイラストのタッチも軽くてコミカル、見やすいしとても読みやすい。無料分を何気なく読みはじめたら引き込まれて一気に読みました。
    晩婚晩産の影響やストレスが原因で経済力や精神的ゆとりは充分にあるのにお子さんに恵まれないご夫婦は増える一方。かたや望まない妊娠、出産するしかない妊婦さんも一定数。その橋渡しの役割の養子事業は素晴らしいけれど条件等は相当厳しいようですね。朝が来るという映画もとても良かったです。

    この漫画は何と言っても幼なじみの沙羅ちゃんとその養親さんが素晴らし過ぎる!お寺さんだから昔の理解が少なかった時代でも人格者で素敵なご両親に育ててもらったから沙羅ちゃんもさっぱりした素敵な子に育ったんだなと伝わって来ました。
    ドラマ化して欲しいくらい素敵なお話だなと思います。
    あえていえばタイトルがちょっと弱いかも。

  3. 評価:5.000 5.0

    5人の方が「参考になった」と投票しています。

    養子縁組についてがテーマ

    ネタバレありのレビューです。表示する

    不妊治療で体外受精まで挑むものの、子宝に恵まれなかったご夫婦が養子縁組について考え、養子として育った友人に意見を聞いたり…というストーリー。
    不妊治療は終わりが見えない苦しい戦いです。夫婦仲も、戦友のようになり、男女として考えられなくなることも。
    そしてやっと着床したかと思えば流産等でまさに身も心もボロボロに。
    ひとつの選択肢として養子を考えることはありだと思います。
    私自身がそういう覚悟で不妊治療に挑みました。
    血の繋がりは大事だとは思いますが、だからといって幸せとは限らない。
    養子だからかわいそうとかでもない。
    日本の養子縁組を希望するご夫婦は経済力も、子供を育てる意識も高い方が多い。
    望まない妊娠、出産により産まれてきた日本の宝を、幸せに育ててくれる家庭に結びつけることの敷居が低くなれば少子化に少しは効果があるのではないかと思う。

  4. 評価:5.000 5.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    とても考えさせられます。
    親子とは……
    普通、フツウって何だろう。
    実際に産んだ我が子は言うこと聞かなくてイライラしてても、我が子ってだけで頑張れる。
    でも、他人様の子だったら??
    私も不妊治療をしました。
    流産の経験もあります。
    もし、産むことが叶わなかったら養子も考えていたかもしれません。
    叔母が養子縁組をしています。
    とても幸せそうです。
    普通は人の価値観なので、その人が幸せならそれでいいと思います。
    それまでにどんな道のりがあっても。
    血がつながらなくても家族は家族。

  5. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    現代の課題

    自然に授かる事のできる人、どんなに望んでも、なかなか授からない人、それくらい子供って授かり物なんだなぁって、改めて思いました。このお話の夫婦は、不妊治療をしながら、養子縁組の事を考え、最終的に2人でどのような決断をしていくのか、気になりました。どんな決断をしたとしても、夫婦がお互いに向き合ってしっかりと話をして、納得のいく結果を出せたらいいなと思います。

すべてのレビューを見る(386件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>