箱の中の一等星

あらすじ

妻の在る男と肌を重ねている――。 小説家で自由奔放な友人・齋藤(さいとう)への届きそうで届かない、黛(まゆずみ)の秘めた想いの行方は…。 素直になれない二人の、大人センチBL ※当作品はアンソロジー『レトロBL』に収録されている作品『箱の中の一等星』の単話配信版です。重複購入にご注意ください。

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    箱の中の一等星(1)
    50pt
  3. 002話
    箱の中の一等星(2)
    50pt
  4. 003話
    箱の中の一等星(3)
    50pt

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    好みが分かれそうですが、自分は好きでした

    ネタバレありのレビューです。表示する

    『災厄にして惑わず』『東京ミドル倶楽部』等々、オジサンなのに可愛くて色っぽい作品もお持ちの嶋二先生。

    ただ今回の話は、好みが分かれそうな感じです。
    大正頃のレトロな時代で、堅気の黛(まゆずみ。攻め。表紙右)の家に、居候して金を無心しては放蕩し、肉体関係も持つ、同郷の売れない小説家の齋藤(受け。表紙左)。
    齋藤は郷里に妻を残しており…。

    まず、「恋」ではなく「情」の要素が強い作品なんです。
    可愛い甘い恋愛ではなく、情欲、情念、情愛…といった、大人の「情」で溺み取られた関係なので、受け止める印象は人それぞれかも、と思いました。自分は好きなんですが…。

    また、齋藤がヒモ同然であり、なのに郷里には妻がいることに、拒否感を覚える方もあるだろうな…と。(実際の所は読み進めるとわかるのですが、それでも不倫が地雷の方は、ご注意を。)

    まったく、将来を期待される黛が、何でこんなオジサンのヒモ男に固執するんだろう…と、納得のいかない方もあるかもしれません。
    …しかし自分は、何となくこの、自堕落で、脆く弱く、一人では野垂れ死にしそうな齋藤に、愛着してしまう黛の気持ちが解る気がして、憎めない。(あかんやつやー。)

    眠る齋藤の首筋の黒子に、そっと尊いものの様に口づけしたり、その黒子を「あの一番星のように、美しいです。」と言う黛の深い情愛が、いい。

    「君とこうして、ぼんやりとなにもせず、ぐうたらと過ごしているのが、好きなのです。」
    3話ですが、読み応えがありました。星は4寄りの5で。

  2. 評価:5.000 5.0
    by 4ひき

    このレビューへの投票はまだありません。

    作者がいです。最初に見た作品と絵が少し変わってきたように思いますが、刹那が表現されてて大好きです。
    特にこの作品の時代背景とあいまって、すごく良かったです

すべてのレビューを見る(2件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading