GATAPISHI

あらすじ

「僕のこと好きならキスしてよ」――仏教系高校の入学式の日。阿野は、美しい同級生・瑞泉に恋をした。思い溢れた阿野が告白したら付き合えることに! 寺の息子で気難しい瑞泉は、阿野を本気で好きなようには見えないが、ご本尊の前で突然キスをねだってきて…!? さらに意外な阿野の反応は――!?仏の教えと愛欲の狭間で本当の恋を探す思春期ラブ。

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    その1(1)
    50pt
  3. 002話
    その1(2)
    50pt
  4. 003話
    その2(1)
    50pt
  5. 004話
    その2(2)
    50pt
  6. 005話
    その2(3)
    50pt
  7. 006話
    その3(1)
    50pt
  8. 007話
    その3(2)
    50pt
  9. 008話
    その3(3)
    50pt
  10. 009話
    その4(1)
    50pt
  11. 010話
    その4(2)
    50pt
/12話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    やや重めでシリアス、でも嵌まるとハマる。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    試し読みの絵で一目惚れで、一気読みからの3回読み返しでした。
    正直、絵は一定してない感じもあって、失礼ですが上手な絵ではないかも。でも、惹きつけ魅せる絵だと思います。

    ストーリーは、やや重めでシリアス。なので、これまた失礼ですが、万人受けしなさそう。でも、自分にとっては出逢えてよかった、余韻の深い読後感でした。

    仏教系の中高一貫校に、外部入学してきた高校1年の阿野は、天然で裏表がなく人に好かれる漢(おとこ)。
    寺の息子で美形な同級生の瑞泉(表紙の人物)に一目惚れするが、瑞泉はキレやすい変人として、遠巻きに敬遠されていて……。

    直接的な抹香臭は無いけれど、阿野がいい僧侶になりそうなポテンシャルとか、説話オーラを感じる台詞とか、宗教を嫌ってるのに舐めるなと怒る瑞泉とか、全体的に寺モノだなーという感じがいい。

    距離と気持ちが近くなっていく描写は、どれも繊細ですが、個人的には9~10話が感慨深かったです。
    瑞泉の家で阿野が一緒に夕食を囲むシーンで。阿野が仏教に興味があるなら、いつでもおいでと言う父親の住職に「阿野は俺とヤりたくて/坊主になるとか言ってんだよ/見当違いの/善人ツラはやめろ」
    父親は動せず「友雪/その話はしていいと/阿野くんは言ったのか/ひとの人生を/思いやりなさい」と。(9話)
    すごい人格者な僧侶なんだろうけど、ぐれて反抗する瑞泉の気持ち、分かるわ…。(後で瑞泉は「あの人/向いてねぇよ/親やるの/ふふ」と。)

    10話は、さらに凄かった。神回だと思います。名台詞がいっぱいなんですが(ぶっちゃけ泣きました)、2人がしゃかんで無言で抱き合い、夜空に星が流れる絵が、最高でした。

    エロは最後に少しだけ(気持ちが伝わるいいい感じでした)。エロとかBLとかの枠を超えて、人間とは絆とは愛着とは…と悩んだ青臭い黒歴史がある方(自分も含めて)は、ハマると思います……照れるわ。

すべてのレビューを見る(1件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading