それでは先生、お願いします。

それでは先生、お願いします。
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

官能小説を書いている小説家の赤瀬川。担当の女性編集者との戯れを元に作品を書いてきたが、それが編集部内で問題となり、担当が冴えない男性編集・丸富に代わってしまう。気乗りしない赤瀬川がからかうつもりで、「その気にさせてもらってからじゃないと書けないんだよね。キミにはできないでしょ?」と言うと、「先生が書く気になるのであれば…」と予想外の返事が返ってくる。そんな丸富が面白いと思った赤瀬川は……!?

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    第1話(1)
    50pt
  3. 002話
    第1話(2)
    50pt
  4. 003話
    第1話(3)
    50pt
  5. 004話
    第2話(1)
    50pt
  6. 005話
    第2話(2)
    50pt
  7. 006話
    第2話(3)
    50pt
  8. 007話
    第3話(1)
    50pt
  9. 008話
    第3話(2)
    50pt
  10. 009話
    第4話(1)
    50pt
  11. 010話
    第4話(2)
    50pt
/14話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    読み込むほど、思い入れが深くなりそう。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    丁寧な絵と描写の作者さん(日乃チハヤ先生)ですね!ストーリーの繊細な内容に、とても合っていたと思います。
    以前『不機嫌なロマンス』を読ませていただきましたが、心情の描写が細かくて引き込まれたのを覚えています。(直情直行な管理栄養士と、無愛想で心を見せない調理師の恋でした。)

    今回は、下半身に節操がない官能作家・赤瀬川(攻め)と、赤瀬川の小説に心酔しきっている新人編集者・丸富(受け。表紙の人物)の文芸ラブストーリー。
    「作家×編集」カップルは様々な作品がありますが、本作の特徴は「心情描写の深さ、丁寧さ」だと思います。

    中学時代に赤瀬川の純文学時代の本の虜になった丸富は、生真面目で、純粋で、融通が利かない、桁外れに真っ直ぐな青年。

    生育歴と作家人生から、愛情不信を拗らせている赤瀬川は、初々しい丸富をかわいく思いつつも、時折丸富を傷つけて滅茶苦茶にしてやりたい衝動に駆られる。……なんか、分かる気がします。

    エロは、結構多かったと思います。丸富が快楽に弱い子で、すぐに流されて蕩けてしまい、いいんです。でも変な所で真面目なので、赤瀬川も不憫(笑)。

    最後に結ばれるシーンでは、赤瀬川が失った愛情(母親)を回想する台詞が入り、幼児の赤瀬川の手を丸富が繋ぐ夢で終わりました。なので、このえっちはエロだけでなく(丸富がトロトロで色っぽく、十分エロいんですが)、2人の心の繋がりや、赤瀬川の傷の癒しを象徴してるみたいでした。
    (すみません。真面目に感想を書いちゃいました。)

    まだ一読しただけですが、何度も読み込むほどに、思い入れが深くなりそうな作品だと思いました。

  2. 評価:5.000 5.0

    このレビューへの投票はまだありません。

    丸富くん可愛いな

    ネタバレありのレビューです。表示する

    どんなにウフフな雰囲気やアハンな事をしても、優先順位は先生の小説という、好きなものに真っ直ぐな丸富くん。
    その真っ直ぐさが眩しくて羨ましくもある先生が、興味本位の遊びで手を出してみるものの、過去の出来事でちょっと苦しんだりもして、期待したくないからこそ傷付けちゃう。
    2人でうまく隙間を埋めつつ、幸せになってほしいと思いました。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 昔狐

    このレビューへの投票はまだありません。

    ストーリーの始めに新人編集者の彼がバックパックを背に寝ぐせの髪でいわくある作家の家を目指すシーンからワクワクして、その後、作家の玄関で彼の顔(特に目)が映し出されるや、その清々しさに(この漫画は面白くなるぞ)と期待感を盛り上げさせられ、とうとう有料なのに最後まで一気に読んでしまいましたよ。ああ、編集者も作家も、実に可愛い二人のラブストーリーでした♡

すべてのレビューを見る(3件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading