帰郷

あらすじ

オトナ女子の心にキュンと刺さるWEBマガジン“シーズンJam”に掲載された読み切り作品!もう会えない貴女に伝えたかったこと――。

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    帰郷(1)
    40pt
  3. 002話
    帰郷(2)
    40pt

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    田舎あるあるなんでしょうね。
    私は地方都市に住んでますが、このような風習はありません。
    でも昨今のネットの普及において未だにこの漫画のような田舎が存在してることは、
    以前より逆に知られるようなったと思います。
    都会から田舎に永住する人の話などがテレビなどでとても素晴らしいかの如く報じられてますが、実際は新参者はいい様にこき使われて、拒否しようものなら村八分という制裁が待っているので誰も逆らえないなんて話をよく聞きます。
    最近でも九州のある田舎での村八分裁判もあったばかりですし、珍しい話ではないのでしょう。

    従姉妹がどのように暮らし、何故亡くなったのかわかりませんし、主人公が法事で少しの反抗を試みるも
    周りの親戚や親の圧力の前に謝らされたりと、モヤモヤが残る終わり方でした。

    でもそれこそが令和の今になっても尚、蔓延る田舎社会の闇を表しているように思います。
    この漫画に出てくる田舎の親戚達のような人たちは、変わることを恐れているかのように拒んでます。
    まだまだこのような閉鎖的な田舎は無くならないと言うことをよく表現した漫画だと思います。

    娘がもし田舎に嫁ぐなんて事になったらと心配してしまいますね。

  2. 評価:5.000 5.0

    13人の方が「参考になった」と投票しています。

    興味が無いこと、、

    ネタバレありのレビューです。表示する

    これはど田舎の話ではなく、地方都市では日々起こっている文化の話です。
    共感できない女性がいたとすれば、日本の女性の中では恵まれた土地と人間関係だったと、思った方がいいくらい、根強く残っています。

    やっぱり生まれ育った土地が良い、とか
    こういう時だからこそ一致団結して、とか
    そんなに田舎が素晴らしいなら、なぜ人が減るのか?
    ビジネスなら、問題点を総括し人が増える努力をするでしょう。
    ですが、田舎は変わることなく、ただただ昔のまま従えという。

    主人公が都会に戻り言う
    「誰も私たちに興味が無いんだよ」
    そういう世界を知ることなく死んでいく友。
    でもそこで生まれ支配されて育ち、もうそこでしかしか生きられなかった、のかもしれません。

    田舎が不幸だとは思いません。
    が、この話のように都会で生きていく人を非難したり帰ってこない事を大勢の前で責め、親を巻き込み謝罪させるなど、どこまでも幼く、遅れていると感じます。

    田舎に住む、男性の支配欲みたいなものに
    一様に従う女性達も問題があります。
    間接的には、そういう男性を助けてしまっているということを、自覚しないと、いつまでも田舎は田舎のままでしょう。
    田舎が人が減っていき困るのは、出て行く人が悪いのではありません。

    問題提起させる漫画だと思います。
    田舎の図書館などに寄付したらいいんじゃないかな。

  3. 評価:5.000 5.0

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    短編小説のようです

    ネタバレありのレビューです。表示する

    じんわりと、やりきれなさと切なさが胸に沁みる良作でした。
    掘り下げてないとか、何が言いたいのかわからない、というレビューもありましたが、描かれていない部分を想像させる為に、それによって読む側の心に残りやすく、馴染みやすくするために敢えて全てを描き込まずにお話を作られているのではないかと感じます。
    むしろ、たった2話でここまで、読む者に様々な余韻を残せるのはすごい事だと思います。
    ただ、行間を読む事や想像力を持って読む事が苦手だったり、派手な展開、全てを説明してくれる物語が好きだ、というタイプの方には向かないのだと思います。

    私は東京者ですが、母は地方の出なので、地方の封建的で閉塞感のあるあの感じ、とてもよくわかります。
    東京でも、地域によっては似た感じのところがあるかもしれません。
    どの地域であるにせよ、人から教育の機会を奪う事は許されません。
    せっかく衣食住の心配のない環境に生まれたというのに、自由に生きる権利をあらかじめ奪われていて、しかもその事に気づいてすらいないなんて、辛すぎます。

    絵のタッチは柔らかいのに無理解や慇懃な表情がきちんと伝わるように描かれていたり、会話もモノローグも語りすぎないのに感情が伝わるところ、とても引き込まれました。
    思い出のキーホルダーを燃やすのは、それすらも、まきと自分を土地の因習に縛り付けているものだったと、主人公が感じたからなのだろうと思いました。
    まきのような子が、1人でも減るといいな。

  4. 評価:5.000 5.0

    62人の方が「参考になった」と投票しています。

    女と言う呪縛

    ネタバレありのレビューです。表示する

    私も田舎から上京しました。
    田舎ではなるべく外に出さない様に、子供の時から"都会は冷たい。都会は怖いところ"と教えられます。
    私の母親もお婆ちゃんもそうです。
    何の疑いも持たないよう。口答えしないよう。親や親族の面倒を見させる為だけに育てます。
    地域差や血の呪縛、兄弟の有無によって度合がことなりますが、大体はどの家庭でもあります。
    長男、長女はその呪縛が一番強く出るように厳しく育てられます。
    田舎では、長男や長女が重要とされます。

    本当に辛いです。田舎にいても地獄。都会にきても後ろ指刺される辛さ。
    遠回しに縛ろうとするのもよくあります。

    そして、やはり都会にでて思ったのが、田舎の女は都会の男からもよくモテます。
    当たり前ですが、男に都合よく躾けられた女性が多いです。
    それを好む男性は今でも多いです。
    それに気がつかない男は沢山います。気付かない女性も沢山います。
    気付かないのは、自分で考えることを辞めてしまった人や流される人が多い気がします。

    田舎の呪縛、悪しき習慣は都会でも根強く残っていると感じます。

    そして、やはりどうすることもできない。
    やるせない感じだけが残る表現を上手く描写した心に刺さる作品です。

  5. 評価:5.000 5.0

    49人の方が「参考になった」と投票しています。

    人の心残り

    ネタバレありのレビューです。表示する

    内容ははっきり言って暗いです。
    明るく光がさすような救いもない。
    ただ、こういう経験をするかたは、確かにこの日本には存在するのだろうなと思いました。

    子供の頃に感じたこと、大切にしていたもの。
    当たり前に持っていたもの。
    そして抱いた感情。
    どれもこれも本人にとっては本物なのに、周りの環境がそれを許さない。
    主人公は、幼い頃から思春期を共に過ごした従姉妹を、ケンカ別れしたまま亡くします。
    大人になって振り返っても、あの環境から従姉妹を救うのは難しいのだということを、再確認するしかない。
    子供だからできなかったわけではなく、大人になったからこそさらにわかる薄暗さです。

すべてのレビューを見る(287件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

オリジナル・独占先行

    Loading

おすすめ特集

>