病める時も、健やかなる時も、

あらすじ

大崎泰央(おおさき・たお)は小さなカフェを営んでいる。 一方、三原遼輔(みはら・りょうすけ)は自由に世界を飛び回るカメラマン。 二人は長年の交際を経て同居しているが、遼輔が家にいる時間は少なく、すれ違いの多い生活が続いている。 遼輔の帰国予定日、泰央は遼輔の誕生日ケーキを作って待っていた。 しかし遼輔は連絡もせず帰国を延期し、自分の誕生日すら忘れている始末。 数日後、約1か月ぶりに帰宅した遼輔を迎えた泰央は、大して怒るでもなく遼輔の髪を洗ってやる。 そんな日々を、口には出さずとも愛おしいと思う二人。 けれど、ずっとこのままでいいのだろうか? 「危ない目には遭うなよ。お前がくたばっても俺のとこには連絡来ねえんだから」 ――二人だけの絆の形と、未来への約束を探す話。 ※こちらは、WEB雑誌『Charles Mag』に収録されている作品の単話配信です。重複購入にご注意ください。

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    病める時も、健やかなる時も、 1-1
    50pt
  3. 002話
    病める時も、健やかなる時も、 1-2
    50pt

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    個人的には、かなり好きな作品(2話現在)

    ネタバレありのレビューです。表示する

    最初に言うと、絵もストーリーも万人受けしそうもない感じです。個人的には胸を掴まれるんですけどね……。

    タイトルと表紙とあらすじ紹介で、これ好みだと思いつつ、2話で続編待ちのスタイルは我慢出来ないので(2話完結なら、速攻で手を出したのに…)、敬遠してたけど読んじゃった。(で、読んじゃった自分を誉め称えるわ。でかした!!)

    現在配信の2話までの内容は、試し読み+あらすじが殆ど。でも、絵が動くと(=読むと。実際には動きません)、読んだ自分だけの世界になり、この世界は言葉に出来ない。泣きました。
    不細工な手作りケーキとか、帰ってきた遼輔(表紙右)に、汚れた髪をまず洗ってやる泰央(表紙左)とか…。

    この先、続くかわかりませんが(続くと思っていますが)、もしここで【完結】と言われても、自分の中では納得出来る程の「大人の情」に溢れてました…たった2話なのに。(逆に、下手に続くと気持ちが冷めそうな、贅沢勝手な不安も正直あり。)

    モサいのと無愛想のオヤジだけど、色気を感じた……個人的嗜好の筋肉ガチムチじゃないのに(苦笑)。

    未読の方への情報として、2話読み終えてエロはありません。

  2. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    三原のような男性を好きになってしまうと大変だと思う。行き先もわからず、連絡もとれない、帰ってくる日もわからない相手を待ってる自信はありません。大崎は凄いと思います。

  3. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    その一言に涙

    ネタバレありのレビューです。表示する

    不意打ちの刺さる一言…婚姻関係にないから、事故に遭ったり、死んじゃったりしても、自分に知らせは来ない。だからこそ、連絡は大切だし、生きていてほしいし、そばにいて欲しい。短い中に深くて、重みある内容でした。

  4. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    このレビューへの投票はまだありません。

    かわいい2人

    絵がきれいで、あっという間に物語の世界に引き込まれてしまいました。もっとイチャイチャが見たかったです。

すべてのレビューを見る(4件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading