[小説]忘れさせて!

  1. めちゃコミック
  2. 官能小説
  3. 特選小説
  4. [小説]忘れさせて!

あらすじ

26歳の友野亮介は金融会社に勤めるサラリーマン。上司の伊坂賢一からは特別に目をかけてもらっていて、しばしば飲みに誘われた。伊坂が酔っ払い、亮介が自宅に送り届け、そこでまた飲むのが恒例になっていた。伊坂には37歳の妻・美月がいる。取り立てて美形というわけではないが、淑やかで優しい性格がそのまま出ているような容貌には色っぽさがあって、亮介は恋心を持っていた。伊坂は酔うと毎回彼女に暴力を振るい、亮介はそのたびに止めていた。いつしか2人の関係を疑うようになった伊坂は、とうとう逆上し、亮介の首を絞めてくる。それを止めようと美月が置き時計で頭部を痛打。夫を殴り殺してしまった。2人は亮介のマンションに退避。「友野くん抱いてッ。わたしを抱いて、みんな忘れさせてッ」。美月にそう懇願された亮介は突き上げる激情を爆発させて……。

巻数一覧/本編購入

  1. 上

    雨宮慶

    必要ポイント:100pt

    26歳の友野亮介は金融会社に勤めるサラリーマン。上司の伊坂賢一からは特別に目をかけてもらっていて、しばしば飲みに誘われた。伊坂が酔っ払い、亮介が自宅に送り届け、そこでまた飲むのが恒例になっていた。伊坂には37歳の妻・美月がいる。取り立てて美形というわけではないが、淑やかで優しい性格がそのまま出ているような容貌には色っぽさがあって、亮介は恋心を持っていた。伊坂は酔うと毎回彼女に暴力を振るい、亮介はそのたびに止めていた。いつしか2人の関係を疑うようになった伊坂は、とうとう逆上し、亮介の首を絞めてくる。それを止めようと美月が置き時計で頭部を痛打。夫を殴り殺してしまった。2人は亮介のマンションに退避。「友野くん抱いてッ。わたしを抱いて、みんな忘れさせてッ」。美月にそう懇願された亮介は突き上げる激情を爆発させて……。

  2. 中

    雨宮慶

    必要ポイント:100pt

    26歳の友野亮介は金融会社に勤めるサラリーマン。上司の伊坂賢一からは特別に目をかけてもらい、しばしばその自宅でお酒を飲む機会があった。伊坂は酔うと、毎回のように37歳の妻・美月に暴力を振るう。彼女に恋心を抱いていた亮介がそのたびに止めに入っていた。いつしか2人の関係を疑うようになった伊坂は、とうとう逆上。そんな夫の頭部を美月が置き時計で痛打し、殴り殺してしまった。2人は全てを忘れようと、何度も何度もセックスを繰り返す。惨劇を思い出すまいと、美月は普段見せない淫乱な一面を覗かせた。自ら亮介の上にまたがり、妖艶な腰つきで快感をむさぼる。明日自首することを決意したものの、「このまま、イッたままで、死んでしまいたい」「せめて今夜だけ、なにもかも忘れさせて」と嘆く美月。そんな気持ちに応えようと、亮介は激しいピストンで彼女をイカせまくり……。

  3. 下

    雨宮慶

    必要ポイント:100pt

    26歳の友野亮介は金融会社に勤めるサラリーマン。上司の伊坂賢一からは特別に目をかけてもらい、しばしばその自宅でお酒を飲む機会があった。伊坂は酔うと、毎回のように37歳の妻・美月に暴力を振るう。彼女に恋心を抱いていた亮介がそのたびに止めに入っていた。いつしか2人の関係を疑うようになった伊坂は、とうとう逆上。そんな夫の頭部を美月が置き時計で痛打し、殴り殺してしまった。彼女は自首を決意したものの、全てを忘れたいと何度もセックスをせがんでくる。そのたびに応えてきた亮介だったが、別れが近づいた明け方、まじまじと彼女の秘部を愛撫し、そこがとんでもない名器であることに気づく。指を2本入れて愛液まみれにすると、グチョグチョと音を立てる膣に肉棒を突き刺した。その時、突然、美月の携帯電話が鳴り……。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

ユーザーレビュー

この小説へのレビューはまだありません。

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading