[小説]竜王様は愛と首輪をご所望です!のレビューと感想

竜王様は愛と首輪をご所望です!
  • タップ
  • スクロール
レビューを書く
ネタバレあり:全ての評価 1 - 1件目/全1件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
Loading 読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。

※ネタバレありのレビューが表示されています

ネタバレ無しのレビューを見る
  1. 評価:4.000 4.0

    by 匿名希望

    ソーニャっぽい暗い感じの作品ではありません。
    敵役はちょっとドロッとしてますが、基本終始溺愛です。

    竜と人が住む大陸で、ヒロインは魔女です。とは言っても迫害とかそういうのは全くなく、魔女は魔法で人々に幸福をもたらす一族という扱いです。
    ヒロインのカルディアは魔力がほとんどなく薬師として生計を立てています。
    魔女に生まれたからにはこなさなければならない儀式『番の儀式』をする所から話は始まります。

    ヒーローのオルテウスは竜で、番になると竜は魔女と同じ人の姿になります。
    作中ヒーローは竜の姿、人の姿、人の姿だけど一部竜の姿になったりします。
    ヒーローはヒロインに会う前の記憶がありませんが、記憶がない理由を予想して読んでいたら・・・予想と違ってた!思ってなかった展開で良かったです。

    ヒロインはもう少し竜について勉強出来ていれば良かったのにと思いましたが、魔力量が少なすぎて他の魔女見習いと一生に勉強させてもらえなかったという不遇な状況です。番の竜の為に自分が何かしてあげられたらと健気に頑張る姿に好感が持てました。

    ヒーローはヒロイン以外どうでもいいってくらいな一途さである意味スカッとしました。

    ちなみにHの回数は多かったです。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

ネタバレあり:全ての評価 1 - 1件目/全1件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー