[小説]血の呪縛のレビューと感想

血の呪縛
  • タップ
  • スクロール

みんなの評価

評価:4.0 4.0 (全2件)
評価:5.0 0件
評価:4.0 2件
評価:3.0 0件
評価:2.0 0件
評価:1.0 0件
レビューを書く
全ての内容:全ての評価 1 - 2件目/全2件
内容で選ぶ
評価で選ぶ
読み込み中
エラーが発生しました。
再読み込みしてください。
  1. 評価:4.000 4.0

    by pri
    今までで一番小慣れた仕上がりでは?

    この作家さんの作品はほぼ全作品読んでいますが、今までで一番小慣れた歪みと表現/展開だったように思います。
    序盤「あぁまた隠された血縁関係か」的に読んでいたら、わりとあっさり各血縁関係が読者にバラされ、それでもここに秘密が…と思っていたら、そこは重要ではなく、物語の一要素くらい、のポジションになっていました。
    いままでは、その隠された血縁関係を重要要素に、それを物語の核に置いて、読者やヒロインに隠しつつ…(そしてわりとしつこくこじつけのような展開もあり)というのがパターンでしたが、それがばっさりと一要素として下位要素に位置付けていたし、ヒロインの王妃になることへのわだかまりや、ヒロインとヒーローの気持ちの問題やその解決に至る展開も、いままでと比べるとぐっと小慣れた、無理のない展開に感じました。
    最後はやっぱり、この作家さんの個性なのか、まだか! まだ隠し要素が続くかあ! というしつこさもありつつ、幸せに終わってよかったです。不穏要素はありますが(苦笑

    気になったのは、王太子として教育されていたヒロインが、休戦状態にある不穏因子の隣国の王室の夫婦制度(自国は一夫一婦制だが、隣国は側室が何人もいる)を知らなかったことでしょうか。そういうの、習いますよね…?
    ただ、あまりにもヒロインが聡明で、なんでも知っていて、読者に対して実はこうなのだ、と説明ばかりになるのを避けるためにヒロインにいまさらながら教える、というテイを取ったのかもしれませんが。

    あとは、タイトルの血の呪縛、終盤に宰相が「それを知る前から愛していた、だから呪縛なんてない」と自分の恋について語るけれど、呪縛だからこそ、知らないのに好きになったのでは? という矛盾を感じました。呪縛がないと絶対的に信じる宰相には、その論理が筋道が通っているように思っているのかもしれませんが。
    あとがきで作者も言っているように、呪縛があるのかないのか、結論づけながら読むのも楽しさのひとつかも。

    2人の方が「参考になった」と投票しています

  2. 評価:4.000 4.0

    共生存の極み❗️

    ヒロインは思い悩んだりもしますが、シッカリ気持ちを表現していて2人のゴールがちゃんと見えるので先が見えやすいというリスクはあります

    2人とも気持ちのブレがいっさいないのでライバルの姫などには痛快。
    気持ち良くサクサク読んでしまいました

    血の呪い、依存なんて確かに愛と同義語かなとも思うので2人が良ければハッピーエンドだと思います

    なんなら、次世代のストーリーも読みたいなと思わせてくれる作家さんです❗️

    4人の方が「参考になった」と投票しています

全ての内容:全ての評価 1 - 2件目/全2件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー