ゆきうさぎのお品書き 2巻

あらすじ

小料理屋「ゆきうさぎ」でアルバイトを続ける女子大生・碧。店主・大樹と2人で買いものに行った帰り、見知らぬ女性がうろうろと店の前を行ったり来たりしていた。彼女は以前「ゆきうさぎ」で、アルバイトとして働いていたミケさんで…? 集英社オレンジ文庫「ゆきうさぎのお品書き」シリーズ、コミカライズ第2巻! 暖簾をくぐれば“おいしい”が聞こえる、小料理屋「ゆきうさぎ」開店です――。

この巻の収録話

  1. 015話
    「9時59分の思い出プリン」④(1)
    47pt
  2. 016話
    「9時59分の思い出プリン」④(2)
    47pt
  3. 017話
    「9時59分の思い出プリン」⑤(1)
    47pt
  4. 018話
    「9時59分の思い出プリン」⑤(2)
    47pt
  5. 019話
    「14時05分のランチタイム」①(1)
    47pt
  6. 020話
    「14時05分のランチタイム」①(2)
    47pt
  7. 021話
    「14時05分のランチタイム」②
    48pt
  8. 022話
    「14時05分のランチタイム」③(1)
    48pt
  9. 023話
    「14時05分のランチタイム」③(2)
    48pt
  10. 024話
    「14時05分のランチタイム」④(1)
    48pt
  11. 025話
    「14時05分のランチタイム」④(2)
    48pt
  12. 026話
    「深夜0時の店仕舞い」/「2人の初詣」特別描き下ろしマンガ
    48pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

最近チェックした作品

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>