ブスですけど何か?~整形マジック、友彼を寝取り、逆襲完了!

  1. めちゃコミック
  2. 女性漫画
  3. サンゲキコミック
  4. ブスですけど何か?~整形マジック、友彼を寝取り、逆襲完了!

あらすじ

「ブスは仕事も選べない!」ブスというだけで虐げられ、いつの間にか心も性格も歪んでしまった女たち…!ちょいカワちょいブス女は男性社員に媚を売って生き抜いていたが、女性社員の反感を買ってしまい逆に酷い虐めを受けてしまう!会社も追われた彼女が最後に選んだ究極の行動とは…「ちょいブス女の逆襲」、ある日、家事代行サービスで向かった先は、高校時代に散々バカにされてきた因縁の相手だった!昔と変わらない上から目線からの扱いに、ついに復讐を決意するが…「私はブスでもシンデレラ」、全てが上手くいかず周りに対して不満ばかり抱いているブス女。職場の老人ホームで孤立していると新たに入居してきた我儘ジジイに振り回されてしまい…!「ブスの笑顔も使いよう」、顔面ブスと性格ブス、最後に幸せを掴むのは…!?

まとめ買い 1話ごと購入
作品の購入には会員登録/ログインが必要です
  • 全選択
  • 全解除
  • ▽最大20話まで選択できます▽

現在表示中の話数を一度に全部選択できます

入荷お知らせ設定

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用には 会員登録ログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    無料試し読み

    最初の話については、ちょいブスさんが悪いと思う。勝手すぎる。罰が当たってほしい。最後の話は、主人公がかわいそう。しかし、そこまで顔が原因で虐げられることがあるものだろうか。救いのある結末であってほしい。

  2. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    ???

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ブサイクで心が綺麗ならまだしも
    顔も性格もぶすなのに
    美人が負ける最悪な終わり方、、
    なーんかもやもやする...

  3. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    胸糞悪い終わり

    ネタバレありのレビューです。表示する

    なんでそっちがハッピーエンドやねん笑

    胸糞悪い終わり方やわ

  4. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    7〜9話。ブー子さんと佐藤さん。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    ブスと笑顔は使いようを読みました。


    7〜9話。ネタバレ感想ご注意ください。


    主人公の池田さんは介護職員。ホントはOLをしたかったけど、不採用。ブスと陰口まで叩かれます。

    そして将来を考え、介護職へ。

    そこでも同僚とは馴染めませんでした。

    ある日、佐藤さんの担当を押し付けられます。


    佐藤さんは我儘放題の利用者さんでしたが、池田さんは文句言いながらも、佐藤さんの要望に応えます。


    同僚よりはマシ。


    ある日の夜、深夜のコールがしつこく、駆けつけたら佐藤さんは呼吸困難に。そのまま息を引き取りました。


    職員は、佐藤さんの死を池田さんのせいにします。

    いつもの事だと思って対応が少し遅れたのが真相ですが、確かにそのとおりで、職場で中傷を受けまくった池田さんは仕事を辞めました。


    引き込もっていましたが、ある日、佐藤さんの息子が訪ねます。感謝を伝えに。


    偏屈でどこの施設でも嫌われ者だった父は生前、池田さんを褒めていました。


    あの子は文句を言っていても、わしの事を分かってくれていた。我儘を受け入れてくれた。
    心根の良い素直な娘さんだ。


    池田さんは心の中でいや違うと思いました。嫌々やってた。もっと寄り添ってあげれば良かった、、、


    佐藤さんの息子は、大変お世話になったので、恩返しをさせて欲しい。私の会社で働きませんか?と提案しますが、


    池田さんは丁重にお断りします。


    そして、数ヶ月後、介護職に復帰した池田さんは利用者さんに好かれる人気者になっていました。


    おわり。


    感想。ちょっと泣ける良い話。池田さんの過失は置いておきます。漫画ですし。


    佐藤さんと池田さんは端から見てお似合いのコンビでした。


    ある日の深夜コール。「眠れん。話し相手になってくれ。ブー子。」


    「しません。ブー子じゃないし暇じゃないんで」


    ある日は、わしは野球を見ると公共のテレビのチャンネルを勝手に変えた佐藤さんをたしなめ、


    ある日は、わしは年寄りの輪の中に入らん!と散歩を拒否した、佐藤さんが一人カラオケを歌うの付き合ったり。


    佐藤さんは、ブー子こと池田さんを心底信頼していました。

    池田さんは、あざとくなかった。だから良かったのだと思います。

  5. 評価:2.000 2.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    たまたまそうなった物語

    妬み嫉みの心理を知りたいので購入して最後まで読みました。

    まず、家庭環境が良く美人は性格がいい人が本当に多いです。
    何もしなくても人が寄ってくるからです。
    妬み嫉みを感じることがあまりない。
    たくさんの人に頼られる分、期待に応えたい、人に優しくしようと努力をする優しい人ばかりです。
    美人に惹かれるのは男女問わず赤ちゃんにすらある生存本能によるものです。

    美人でイジメをする人は、家庭環境に問題があります。人が寄ってくる分変な男も大量に寄ってきます。
    母親も美人なので、負の連鎖である意味ブスの人より大変かもしれません。

    ブスの人は、捻くれている人が大多数です。それは男に蔑まされているからです。
    それを美人に責任転嫁しているので当然僻み妬み、性格も悪くなります。

    私は極めて普通の顔立ち、学歴は多少いいので心理学とリアル体験を統合した私なりの結論です。

    その上で、この作品には無理が強いと感じました。
    最後の作品だけ、理解できましたし、なにより主人公は努力をしています。

    妬み嫉みのストレス発散にこの作品を読んだら、ブスの自覚がある方には美人に責任転嫁をせず、自身を磨けば必ず魅力が出てきますので己を変革するチャンスだと思って欲しいなぁと思いました。

すべてのレビューを見る(63件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

こちらも一緒に買われています

Loading

おすすめ新着作品

Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

他にもこちらがおすすめです

    Loading

おすすめ特集