花恋つらね

あらすじ

歌舞伎の名門・玉乃屋(たまのや)の御曹司で若手女形役者の松川惣五郎(まつかわ・そうごろう)と、同じく名門・大谷屋(おおたにや)の御曹司で立役の若手有望株・新井源介(あらい・げんすけ)。ある日二人は、夫婦役で初共演することになる。同い年で人気も実力もある源介をライバル視していた惣五郎だが、源介から「ずっとお前と一緒に舞台に立ちたかった」と言われ……?梨園の御曹司同士の恋絵巻、華やかに開幕――!!

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    第一幕(1)
    50pt
  3. 002話
    第一幕(2)
    50pt
  4. 003話
    第一幕(3)
    50pt
  5. 004話
    第二幕(1)
    50pt
  6. 005話
    第二幕(2)
    50pt
  7. 006話
    第三幕(1)
    50pt
  8. 007話
    第三幕(2)
    50pt
  9. 008話
    第四幕(1)
    50pt
  10. 009話
    第四幕(2)
    50pt
  11. 010話
    第五幕(1)
    50pt
/79話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    26人の方が「参考になった」と投票しています。

    歌舞伎の役の体得に合わせ、恋は進む。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    今回は、6巻(66~79話)の配信。まだ未完です。以下ネタばれです。ご注意ください。

    対立する歌舞伎の名門の御曹司、女形の惣五郎(受け。表紙)と、立役の源介(攻め)。
    役者修行の悩みや、役の体得に絡めて、恋の話が進みます。

    1巻(1~12話)…プライドと自負心の強い惣五郎は、同級生の源介をライバル視しているが、源介は惣五郎に「お前の一番になりたい。お前を誰にも渡したくない。」と熱く言ってきて…。

    2巻(13~25話)…共演した源介の人柄や熱い言葉に絆されて、好意が募っていく惣五郎。しかし、源介の気持ちは役者の相方としてで、恋愛感情でないと知った惣五郎は源介と距離をとり、恋愛として好きだと告げる。

    3巻(26~38話)…大谷屋(源介)一門の巡業に加わった惣五郎は、源介に「俺は惣五郎をやっている周吾(本名)が好きで、どちらも同じだ」と告白され、両思いに。

    4巻(39~51話)…文化祭準備(同じ芸能コースの高3)で、源介の家に泊まった惣五郎。しかし初めてのエッチ挑戦は失敗。

    5巻(52~65話)…「勧進帳」の富樫役の源介は、惣五郎の祖父・菊右衛門に頼まれた、源介の亡き祖父・寿一郎のライバル、雲之介にしごかれる。
    一方、惣五郎は難役の「鳴神」雲の絶間姫を熱演し好評に。
    焦燥し自信喪失する源介だったが、惣五郎の言葉に熱意を取り戻し、祖父寿一郎のような気迫のある演技を見せた。

    61話で祖父2人と雲之介の過去が描かれ、訳ありのような。そして、63~65話で、遂に初エッチ成功!目出度い!でも源介の蔦丸兄ちゃんに見られてしまったよー!どうなる?

    …からの、今回配信の6巻(66~79話)。
    バレンタイン、卒業旅行、と楽しく過ごす惣五郎と源介(エッチは71~72話)。

    しかし、悩んだ蔦丸兄ちゃんは、惣五郎の従兄の武市に相談し、2人を呼び出し説教に。宗家の後継問題が出てきました。

    まだはっきりしませんが、共演NGで袂を別った寿一郎と菊右衛門(2人の祖父たち)も、同じ悩みで別れたよう。
    今度こそ、源惣コンビが幸せになれるといいですね。

    歌舞伎演目は1巻「俊寛」千鳥(惣)、成経(源)
    2巻・武市自主公演「三人吉三」お嬢(惣)、お坊(源)
    3巻・大谷屋巡業「義経千本桜」静御前(惣)、忠信(源)
    5巻・浅草新春歌舞伎「鳴神」雲の絶間姫(惣)、「勧進帳」義経(惣)、富樫(源)

  2. 評価:5.000 5.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    BLとかではなく普通に面白い

    作者買いです。12話まで読みました。
    歌舞伎の家に生まれた高校生同士のお話しです。
    まだ全然エロとかはないですが、安定の絵の綺麗さとストーリーでジワジワ来てます。照れた表情が可愛くて、夏目ワールド全開って感じです。
    歌舞伎の家同士の話しとか中村屋のドキュメンタリーみたいで、良いです。
    続き楽しみにしてます(*´ω`*)

  3. 評価:4.000 4.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    惣ちゃんファンの凄さ

    ネタバレありのレビューです。表示する

    メンタル面が弱い想ちゃんが、源介くんと一緒に演じることでどんどん成長していく様がとてもジンとくる!そして源介くんの想ちゃんファンってところでさらに思いが強い!はじめは役者としてファンとしての想ちゃんへの想いだったけど、想ちゃんから気持ちを伝えられた源介くんが少しずつ想ちゃん自身を考えるようになるところがワクワクする!

  4. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    3人の方が「参考になった」と投票しています。

    エモが足りないなあ

    作者買い。
    面白いし、絵も上手い。でも今一つ入り込めないものがありました。
    勝手な想像ですが、編集者から「歌舞伎のもの描いてください」と頼まれて取材して描いた、という感じ。
    作者の歌舞伎、舞台、演技というものに対する熱意や執着を感じない。
    舞台上のシーンが少ない。例えば、舞台初日、メイクして重い衣装を着けて、楽屋から舞台へ向かう時の役者の高揚感とか描かないの?舞台上で恋人役の男に会った時の心の高ぶりとか。または役者としての食うか食われるかの闘いとか。歌舞伎の世界にある独特の形式美とか。
    ただの男子高校生が女形に変身する瞬間をもっと劇的に表現して欲しかった。
    私は演劇好きで普段からよく舞台を見るタイプなので、本当に物足りなかったです。

  5. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    歌舞伎というBLじゃなくともあまりない世界のお話なので、それだけでも楽しめました。歌舞伎に詳しい方は違うという部分があるのかもですが、無知な私にはとても興味深い内容です。

    主人公二人の若さにとても胸がときめく。
    御曹司の跡取りで、ずっとこの世界で生き続けるであろう二人。
    歌舞伎役者として立派にお役を演じ、たくさん稽古して真剣に向き合っている姿と、初々しい恋愛関係の二人のギャップがとてもいい。

    源介は天才肌な子なのに対して、プレッシャーに弱くちょっと不器用な惣五、初めはそんな惣五を源介が引っ張っていくような感じだったけど、所々で男らしい惣五が見えて、二人とも格好いい~。
    惣五はめちゃくちゃかわいい。

    エロいシーンはほとんどなくて、歌舞伎のシーンも多いので、BLというか、普通の男の子成長物語+BLって感じ。
    もう少し物語が進んで、エッチちゃんとしたり周りにばれたり、役者として一皮むけたりするのかな~っと勝手に妄想。まだまだ続いてほしいし、追いかけたくなる作品です

すべてのレビューを見る(402件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading