性と罰 ~復讐は棘のように~

  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. COMICソイヤ!
  4. 性と罰 ~復讐は棘のように~

あらすじ

立花香莉の勤め先「グループホームともしび」に新人介護士としてやってきた梶木侑。その端正な顔立ちと飾り気のない人となりで、彼はすぐに職場に打ち解けていった。しかし、香莉は梶木を見た瞬間、おぞましさを感じていた。六年前、自分をレ○プした男とよく似ていたからだ。あの爽やかな仮面の下には悪魔の素顔があるのだろうか。いや、そんな偶然があるはずがない。あのときの犯人が同じ職場にくるなんて。そう思いながら接しているうちに、香莉は梶木にほのかな好意を抱くようになるが……。

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    新人介護士
    無料配信
    0pt
  3. 002話
    腕の痣
    無料配信
    0pt
  4. 003話
    六年前の悪夢
    毎日無料連載
    0pt
  5. 004話
    復讐の始まり
    毎日無料連載
    0pt
  6. 005話
    二人の関係
    毎日無料連載
    0pt
  7. 006話
    壊すために敢えて
    毎日無料連載
    0pt
  8. 007話
    急転
    毎日無料連載
    0pt
  9. 008話
    涙の理由
    毎日無料連載
    0pt
  10. 009話
    覚悟、そして絶望の淵へ
    50pt
  11. 010話
    哀しい生き物
    50pt
/24話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    二人の物語はそれで終わるかもしれないけど

    ネタバレありのレビューです。表示する

    こういった恋が、確かにこの世にはあるのだと思います。主人公が許す決断をしたとして、それは彼女のものですし、二人の恋に外野がどうこういうものではないのだろうと分かった上で、そういう視点で読んでいたはずなのに、どうしても受け入れられませんでした。
    多分それは、彼が「好きな人を傷付けた過去」に対しての反省とか後悔とかをして、苦しんでいるからなのだと思います。
    彼は彼女だけではなく、他にも傷付けた人がいるのですよね?その人達の事は?
    主人公への愛は分かりました、反省とか誠実さとかも、主人公に伝わっているのだから、彼女へのそういった気持ちはあるのでしょう。
    でも、他の被害者については?主人公の事も初めは気付かなかった様な人が、他の被害者について反省していたとは思えません。もし、彼女が自分がボロボロにした相手でなかったら、彼は過去の事をこれほど悔いて死のうとまで思ったのかと言われたら絶対に違いますよね。もし、他の被害者に死んでくれと言われたら、自殺しようとしたのか。しませんよね。
    彼は、彼女への更正と償いはするかもしれない。でもそれは結局、罪に対して向き合ったとは言えない気がしました。自分のした酷い事は、彼女だけではないじゃないかと。もしかしたら今も、主人公と同じくらい傷付いて、立ち直れずにいるかもしれない。もしかしたら耐えきれずに死んでいるかもしれないとは、考えない。
    二人の結末は、ハッピーエンドでした。でも私は、そのハッピーエンドに至った彼の気持ちが欠片も理解出来なかったし、したくないなと思いました。

  2. 評価:4.000 4.0

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    最後まで読んでレビューすべき作品

    他の方も書いていました、
    「こんなに簡単に加害者を許せるのか」
    「加害者の家庭環境が生んだ事だから仕方ない」
    私も作品読みながら、美談すぎるなぁと

    でもそうではない
    最後の最後で、
    「実話に基づいている」と

    もちろん実害を被った方、加害者の多くが傷を負った負わせた関係で、修復しないものなのはわかった上で、

    こういう「奇跡」もあったのだと

    きっと過去の事は、ずっとどこかで古傷として残り続けて、今後二人にも弊害はあるかもしれない

    けれど
    愛情をもって一生かけて償ってもらえる

    お互いに愛が芽生えたのなら、これ以上ない償い方かと思います。

    絵も爽やかです♪
    個人的には、表紙のイラストが禍々しくて、この感じだと、内容はもっとドロドロしているように思うので、もう少し表現方法ないかな……と、思いました

  3. 評価:3.000 3.0

    7人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    とても第三者が口出しできない問題だと思った。
    一生のトラウマという刺。一生の罪という刺。


    主人公が現在の彼に惹かれていることも、憎んでいることも本当。
    矛盾、相反する気持ちが一つの心の中に同居しているって、どっちにもいけなくて苦しくて、よけいに主人公を追いつめる。
    被害者である主人公がなにを選んだとしても、それで少しでも悔いがない方向へむかえるのなら、どんな答えでも尊重したい。


    本当に魂の段階から改心する加害者なんて、いるとしたらほんの一握りかもしれない。
    でもそのほんの一握りの中にいる人が、彼がそうなのだと信じたい気持ちもある。
    でもこればっかりは、被害者とその家族にしか自由に決める権利も決定権もない気がする。
    外野はなにを言う資格もなくて、黙ってしずかに見守るしかない。


    それでも読んでる側の勝手な願いとしては、幸せになってほしいと思ってしまう。

  4. 評価:1.000 1.0
    by NNNIII

    23人の方が「参考になった」と投票しています。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    高評価が多いのが理解できない。
    杉浦さんが保護司であること、梶木が不幸な家庭環境だったことはすぐに予想がついたので、それが明らかになる描写を読んでも「なるほどー」とはならないし、
    だからって梶木の罪が軽くなるわけでもないし、
    それを知って梶木と向き合えるんなら今までの刺だとかいう表現はなんだったの?
    復讐のために付き合ったとはいえ自分のアパートまで送ってもらうなんて気が緩みすぎ。
    病院で杉浦さんと話しただけで梶木と向き合う覚悟ができる?なぜそんな簡単に杉浦さんを信用できる?不自然。
    姉の気持ちだけ理解できる。
    結婚延期お疲れ様です。

    これを感動したとか言える人は性被害、トラウマを軽く見すぎ。

    あと4話残ってるけど、梶木が更正したのが演技でやっぱり最低な男だったというバッドエンドじゃなきゃ納得いかない。
    ハッピーエンドな漫画の方が好きだけど、この展開でハッピーエンドにされたら性被害が美化されてしまう。

    とにかく理解できない!

    絵はきれい。

  5. 評価:5.000 5.0
    by 匿名希望

    8人の方が「参考になった」と投票しています。

    最後まで一気読みしてしまいました。
    まさか、実話だったとは思いもしませんでした。
    性犯罪の加害者と被害者の心の傷、惹かれる気持ちへの葛藤、そして家族。読んでいても辛くなるくらい入り込んでしまいました。
    最後のキスシーンは、恐怖が蘇らず温かいふれあいになって本当によかったと涙してしまいました。
    続きの幸せに過ごす2人ものぞいてみたくなるくらいほのぼのとした気持ちになりました。

すべてのレビューを見る(977件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>