毒親

あらすじ

「あんな男、死ねばいいんだわ」――それは母が夫に向けて言った言葉。愛美の両親は熟年になっても仲が良く、理想の夫婦。そして優しく上品な母はまるで聖母、自慢の母だった。しかし、父が急死すると世界が変わる――すっかり落ち込んでしまった母を心配した愛美は、夫の快諾もあり同居を提案するが、遠方に住む夫の両親に却下されてしまう。仕方なく愛美の家の近所で一人暮らしをする事になった母は、徐々に豹変していくのだった…。わがまま、金遣いの荒さ、家事放棄、愛美への過干渉…そして、苦言を呈した夫への発言。――聖母のような母はどこへ?果たしてこの狂気の姿が本当の母なのか?

  1. まとめ買い

    最大100話を同時購入できます(詳細)

  2. 001話
    狂った聖母(1)私の母は聖母だったんだ
    無料配信
    0pt
  3. 002話
    狂った聖母(2)同居…できない?
    無料配信
    0pt
  4. 003話
    狂った聖母(3)取りあげなきゃいけないのは…
    毎日無料連載
    0pt
  5. 004話
    狂った聖母(4)死ねばいいんだわ
    毎日無料連載
    0pt
  6. 005話
    狂った聖母(5)別れさせてやる
    毎日無料連載
    0pt
  7. 006話
    狂った聖母(6)やっぱり優しい、世界一のお母さん
    毎日無料連載
    0pt
  8. 007話
    狂った聖母(7)堕ろしなさい
    毎日無料連載
    0pt
  9. 008話
    狂った聖母(8)おかしいよ
    毎日無料連載
    0pt
  10. 009話
    狂った聖母(9)お母さんが怖い…
    50pt
  11. 010話
    狂った聖母(10)奥さんと別れて
    50pt
/29話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:1.000 1.0
    by 匿名希望

    2人の方が「参考になった」と投票しています。

    赤ちゃんが怪獣なのと同じで、高齢の親もまた怪獣です。
    いや、怪物です。
    赤ちゃんには未来があるが、老人には未来はありません。日に日に劣化し、悪化して、ひたすら人の足を引っ張る重荷になるだけ。育てる甲斐はゼロです。怪物だし。

    ヒロインが怪物と、どう対峙するのか、それが見ものです

  2. 評価:3.000 3.0
    by 匿名希望

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    13話まで読んだ

    ネタバレありのレビューです。表示する

    時々いそうな怖い毒親。
    配信されてるやつで最後に読んだ話、毒親が包丁持って押し掛けてる時点で警察呼べばいいし、それ以前にとっとと老人ホームに入れてしまえば良いと思うが。まあここまで読んだから続きも気になるので配信を待つ。

  3. 評価:1.000 1.0

    4人の方が「参考になった」と投票しています。

    11〜15話。血は水より濃い。

    ネタバレありのレビューです。表示する

    15話まで全部読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    娘の愛美に執着した、母由紀恵。

    一樹との仲は悪くなり、愛美は困惑。

    11話〜。探偵の調査で一樹と写真に写っていた同僚のカオリに、由紀恵は、ある提案をします。

    愛美が憎いカオリでしたが、カオリも驚愕の内容。

    カオリは、エスカレーターで愛美を後ろから突き落としました。

    ただ愛美は母体は無事で、カオリの方がバランス崩し大怪我。事件後、一樹を頼りにする愛美。

    舌打ちする由紀恵。


    由紀恵は後日、マンションを訪ねます。

    子供時代、豹変して虐待された記憶がよみがえり、、、

    由紀恵は包丁を持ってました。


    愛美は腕を怪我して、絶叫。由紀恵は我に帰りました。

    一樹も駆けつけ怒号。

    しかしどうも様子がおかしい。愛美は一樹に「母を病院に連れて行くように」懇願。

    由紀恵は認知症でした。

    愛美は泣きました。

    半年後、娘の恵美を出産。


    由紀恵に抱かせますが、態度が一瞬豹変したので、愛美は混乱。


    色んな顔の母でしたが、優しい母が本当の母だと思いました。由紀恵はその後すぐ亡くなり、


    時は流れ、娘の恵美が思春期の頃。

    愛美は、恵美に暴言と暴力。


    だんだんと私は由紀恵に似てきたと自覚しました。


    15話おわり。


    感想。1000人に1人級のクソババアの由紀恵。

    それでも愛美が許せるのは、血が繋がってるからでしょう。

    恵美に手を上げて罵倒するシーン。一樹は出てきません。離婚していたのかもしれません。いや離婚してるでしょう。

    由紀恵を許せるのは愛美だけ。

    一樹の目線(他人)から見たら、かばったけど、正直何言ってんだ、クソババアですよ。

    由紀恵はポックリ逝ったけど、愛美は実の娘。

    だんだんと由紀恵の血筋が出てきて、

    愛美は、娘の恵美に対する虐待が状態化していたのではないでしょうか。

    こうして、負の連鎖は繰り返されるのか。


    母性は大事と言いますが、思春期ごろ15歳くらいからは、父性も大事といいます。


    一樹さんへ。恵美ちゃんを守ってあげてください。

    愛美に任せていたら恵美ちゃんは、幸せにはならないと思う。


    感情移入が出来て、素晴らしい作品でした。

    作者さんに敬意を評して、100点満点の意味を込め星1つをつけます。

  4. 評価:2.000 2.0
    by 匿名希望

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    怖っ

    こういう母って、我が子は自分のためにいるものと思っているんだろうな。
    世話をするのも純粋に子どもに愛情を注ぐというより、返される愛情で自己欲求を満たすのが目当て。
    子どもの独立なんか望んじゃいない。

    うちの親もそうだった。
    結婚することを決めたら開口一番「私はどうなるの?」だったし。

    毒親をテーマにしたよくあるストーリーで、こういう現状はもっと世間に知られるべき。
    ただ、絵がイマイチ。人物に魅力が感じられないのでこの評価。

  5. 評価:5.000 5.0

    1人の方が「参考になった」と投票しています。

    怖い

    内容が怖すぎる。これ以上読みたくないけれど、気になります。絵もその内容に合って怖いタッチです。主人公頑張れと応援したくなります。

すべてのレビューを見る(152件)

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ作品

    Loading

おすすめ新着作品

    Loading

こちらも一緒にチェックされています

Loading

おすすめ特集

>